人気の最先端テクノロジーアートを体感!
幻想的な世界にうっとり♡花の体験型アート展『FLOWERS by NAKED 2018 輪舞曲』。

プロジェクションマッピングやVRなど、近年人気を集めている最先端テクノロジーとアートの融合イベント。そんなデジタルアート界隈でも注目されているアーティスト・村松亮太郎氏(クリエイティブカンパニー NAKED Inc. 代表)が総合演出を手がける、通算25万人を動員した人気イベントが今年も登場。1月23日(火)〜2月26日(月)まで、日本橋三井ホールにて花の体験型アート展『FLOWERS by NAKED 2018 輪舞曲』が開催されます。

本物の花々とテクノロジーで、いち早く春を楽しむ、日本一早いお花見。

本展は、「都会で見つけた秘密の花園」をコンセプトにした、五感で楽しむ花のアート展。アーティスト・村松亮太郎氏が総合演出を手がけ、生花、オブジェ、映像、インタラクティブ、香り、音楽など、さまざまな演出を通して、五感で楽しむ花の体験型アート展になっています。

2018年は、「輪舞曲(ロンド)」をテーマに、デジタルとアナログで、花と舞と音楽を融合させ、作品を一新。

前年までの鑑賞中心のコンテンツ、巡回型の会場構成から、今回は来場者がまるで映画の主人公のように、幻想的な花の世界に迷い込み、来場者が参加して成立する体験型コンテンツを展開しています。

新たな試みの一つとして登場したのが、「自分で撮影した花の写真」がトリガーとなって、さまざまなアート体験を起こす作品たち。

花畑の中からお気に入りの花を選んで、会場に用意されているinstax SQUARE SQ10で写真を撮影。その場でプリントされた花の写真がトリガーとなり、この後に続く世界で不思議な体験をもたらしてくれます。

また「眠りの世界 エリア」では、いけばな草月流第四代家元・勅使河原 茜氏とネイキッドがコラボレーションした作品を展示。日本三大流派の一つである草月流のいけばなと、ネイキッドの先進アートが融合し、種の中をくぐり抜けるようなダイナミックなアートを体感できます。

人気ブランド〈LANVIN en Bleu(ランバン オン ブルー)〉とコラボレーションした「花畑 collaboration with LANVIN en Bleu エリア」では、エントランスで来場者が撮影した花の写真をかざしたり、作品に触れたりすることで作品が華麗に変化。種の中心の世界という設定で、テクノロジーを使ってデジタルな花畑で遊ぶことができます。

花畑をイメージしたドリンクやフードも登場。

また「桜彩 BAR」では「花畑」をモチーフとしたドリンクや軽食を販売。

ブルーマロウの花で作られた青色のハーブテイーに、レモネードを注ぐことでピンク色に変化する「Full Bloom(ハーブのレモネード)」、白ワインベースの桜香るサングリア「桜のサングリア」など、春の花をテーマにしたオリジナルカクテルはなんともフォトジェニック。

他にも、お湯を入れるとゆっくりと蕾が花咲く、“見て楽しむ花のお茶”「花図鑑 工芸茶」や、オリジナルパッケージの日本酒など、いち早く春気分を楽しめます。

1月22日(月)に行われたオープニングセレモニーでは、村松亮太郎氏のほか、『FLOWERS by NAKED 2018 輪舞曲』のCMソングを手がけたアーティストのMay J.さんが登場。

2018年の春をイメージした書き下ろしソング『ロンド』を初披露しイベントを盛り上げていました。

まだまだ寒い日が続きますが、“日本一早いお花見”で春を先取りしてみてはいかがでしょうか?

【FLOWERS by NAKED 2018 輪舞曲 (フラワーズバイネイキッド 2018 ロンド)】
場所:日本橋三井ホール COREDO 室町1 5F(エントランスは4F)
会期:2018年1月23日(火)〜2月26日(月)※会期中無休 
  10:00〜20:00 ※入場は閉場の 30 分前まで
入場料:大人 1,400 円/小人(小・中学生)900 円
https://flowers.naked.works/