不妊治療のスタートはお互いの愛情の確認から(depositphotos.com)

写真拡大

 「うまく子作りができない、セックスができない」という悩みを抱えた夫婦が増えている――。「非婚化」「晩婚化」と並んで、結婚した夫婦の間でも子どもができなくなっていることが、人口減少の一因であることは論をまたない。

 前回は、結婚してからも1回もセックスできていない夫婦(未完成婚)の事例を紹介したが、それがすべてのケースではない。結婚前のつきあっているときには普通にセックスできていたのに、いざ結婚して子づくりするとなると、途端に勃起や射精ができなくなってしまうケースも多いという。

 今回も獨協医科大学埼玉医療センターの泌尿器科主任教授・岡田弘氏に、その実態を聞いた。

セックスのシチュエーションを変えたらできた!

 「結婚前に避妊していたときはできていたのに、いざ奥さんと子どもを作りたいと思うとできなくなってしまう。それは、大きな責任とストレスがかかるからです。妻だけとはできない『妻だけED』という言葉もありますが、これは奥さんが大事な人だからできないのですね」

 「しかし奥さんとしては『自分に魅力を感じなくなったからできなくなったのだ』と思ってしまう。まずは、そうではないんだということを、よく夫婦で話し合うことが必要です」

 不妊治療を始めると、まずは排卵日に合わせてセックスするように指導されるが、これによって余計にできなくなってしまうことも多い。これを岡田教授は「排卵日うつ」と呼んでいる。

 「普通の男性は誰かに『やりなさい』と命令されてするセックスには慣れていないわけです。AV男優じゃないんだから、そんなに自由自在にセックスできないですよ」

 「排卵日が近づくと奥さんが『がんばろうね』とメールを送ってきたり、精力がつきそうなものを食卓に並べたりする。すると大きなストレスがかかって、ますますできなくなってしまったりします。本当はお互いのことを思いやっているいい夫婦なのに、これでは可哀想ですね」

 なかには「セックスのシチュエーションを変えてみたらできた」というケースもある。

 「ラブホでないとできないとか、ベッドではなくソファがいいとか、お風呂場がいい......男性のなかには、いろいろな人がいます。家ではできないけど、旅行に行ったら、その先でできたりする」

 「もし、ご主人がセーラー服姿で欲情するのなら、奥さんが着てみせてもいい。夫婦でやる分には何も公序良俗に反していないのですから、ぜひ試してみる価値はあります」

不妊治療スタートは「あなたのことが大好きだ」から

 バイアグラなどの勃起補助薬を試すのもひとつの方法だ。その際に岡田教授からのアドバイスは、「妻が夫のペニスを褒めてあげる」ことだという。

 「男は単純だから自分のモノを褒められたらうれしいんです。『うわーすごい!』とか言ってあげたら、それだけで喜んじゃって、元気になる。<男根>とはよく言ったもので、まさにペニスは<男の根っこ>ですから。そんなこんなで、しまいには勃起補助薬が必要なくなるのもよくあることです」

 「これは半分冗談ですが、『出して』と言われると意外と出ないもので、『出しちゃダメ』と言ったほうが射精するかもしれませんね(笑)」

 最近は射精障害や勃起障害に対する情報も広まり、早めに泌尿器科を訪れる夫婦が増えたという。岡田教授は「セックスがうまくいかなかったら、ぜひ早めに受診をしてほしい」と話す。

 「生まれた子は自分がどういう方法でできたかなんて分からないわけだから、どうやって作ってもいいんです。子が生まれたらあとは、その子を立派に育て上げ、社会に送り出せばいい。そのためには、病院の受診も早めに視野に入れて、ぜひ夫婦でよく話し合ってほしい」

 「その際に大事なのは、まずいちばんはじめに『あなたのことが大好きだ』ということを、しっかりとお互いに伝えることですよ」

 悩める夫婦はぜひいろいろな方法を試して、目の前の壁を乗り越えてほしい。
(取材・文=里中高志)

岡田弘(おかだ・ひろし)
獨協医科大学埼玉医療センター泌尿器科主任教授。医学博士。1980年、神戸大学医学部医学科卒業。1985年、神戸大学大学院医学研究科博士課程修了。1985年から87年にかけてDepartment of Urology, Department of Microbiology and Immunology, New York Medical Collegeに留学。三木市三木市民病院泌尿器科主任医長、神戸大学医学部助教授、帝京大学医学部泌尿器科助教授を経て現職。著書に『男を維持する「精子力」』(ブックマン社)がある。