執筆:月刊『からだにいいこと』編集 -株式会社からだにいいこと

腸が詰まってしまい、激痛を起こす腸閉塞。命に影響を及ぼす場合もある危険な病気です。症状と対処法をご紹介します。

自然治癒することはない腸閉塞

特に食中毒になるような食品を食べたわけでもないのに、急に強いお腹の痛みや吐き気に襲われたら……。腸閉塞の可能性が考えられます。
腸閉塞とは、漢字からもわかるように腸の通り道が狭くなり、腸が詰まる病気です。別名イレウスとも呼ばれ、これは自然に治ることがありません。命に関わる場合もあるので、適切な対処が必要です。

本来、食事で摂った食べ物は胃や腸で消化吸収され、残りは便として排出されます。その流れが滞ってしまうので、はじめは胃液や胆汁を吐きますが、進行すると腸の内容物が逆流し便のにおいのする吐瀉物を嘔吐します。症状も、腸が詰まった瞬間に急に激しい腹痛と嘔吐に襲われる、お腹が張る、見た目でわかるほど腸がむくむといったことがほとんどの人に現れます。まれに、激痛の波が繰り返す人もいます。

腸閉塞は原因によって分類されている

腸閉塞(イレウス)は大きく分けると「機械的イレウス」と「機能的イレウス」に分類されます。

◯機械的イレウス

物理的に腸が詰まってしまっている状態。腸閉塞(イレウス)の90%が機械的イレウスといわれ、そのほとんどが手術後に腸が癒着することによっておこるイレウスです。これを腸管癒着といい、腹部の手術によっておこります。子宮がん、大腸がん、胃石、胆石でも腸閉塞に。腸の炎症のほか、腸がねじれる腸捻転も原因になります。

◯機能的イレウス

腸の働きが滞って、腸の内容物が停滞してしまっている状態。腸の神経や筋肉が通常通り働かず、腸の働きが麻痺することによって起こる麻痺性イレウスがその代表です。開腹手術のほか、ショックなどの強いストレス、薬の副作用でも起こるとされています。また、胆石、虫垂炎、ヒステリーなどによって腸の一部が痙攣することによって起こる痙攣性イレウスもあります。

急な腹痛はすぐに病院へ

急激な腹痛に襲われたら、すぐに病院を受診しましょう。レントゲンや聴音波、CT検査によって診断がおこなわれます。
ほとんどの場合は保存療法がおこなわれ、食事を摂らずに、点滴で栄養補給を実施。そして、鼻からチューブを入れ腸管のふさがったところまで挿入します。内容物を排出して、腸にかかっている圧を減らすためです。こういった保存療法をおこなっても、改善しない場合、腸閉塞を繰り返す場合には手術を実施。腸のねじれた部分や、腫瘍、異物を排出するほか、腸の一部を切除する場合もあります。