Appleは21日、ノーベル平和賞の受賞者のマララ・ユズフサイさんが2013年に起ち上げたマララ基金のパートナーとなったことを発表しました。

すべての女性に教育機会を

史上最年少の17歳でノーベル平和賞を受賞したことで知られる、フェミニスト・人権運動家のマララ・ユズフサイさんは、5年前に女性教育を支援するマララ基金を起ち上げました。
 
マララ基金は、12歳までのすべての女性が自由、安全、平等な教育を受けられる権利を擁護しており、Appleのサポートで活動が大幅に拡がることが期待されています。
 

マララ・ユズフサイさん


 
Appleのティム・クック最高経営責任者(CEO)は、アメリカで女性のIT教育支援を行なう組織のメンバーの一員である高校生の電話インタビューで、「女性のリーダーシップを推進する立場にある」と答えるなど、男女の共同参画に力を入れていることで知られています。

Appleのサポートで拡がる支援

11歳のとき、タリバン政権の元にあったパキスタンで、BBCにブログを投稿し、悲惨な実状を世界に伝えたマララさんですが、その際の偽名「Gulmakai」を使ったネットワークは、インドやラテンアメリカでの中等教育機会の拡大に努めています。
 
Appleのサポートにより、Gulmakaiネットワークが授与できる助成金の金額は倍増するとみられており、10万人以上の女性に教育機会が提供されるとのことです。
 

 
また金銭的な支援だけでなく、クックCEO自らマララ基金のリーダシップ協議会に加わるなど、技術面カリキュラム作成ポリシー変更への調査などでも活動をサポートしていくようです。
 
クックCEOは、「教育は平等化の大きな力になると信じており、マララ基金のすべての女性が学校に行ける機会を与えるという大義に賛同する」と述べています。
 
 
Source:Apple
(lexi)