北朝鮮の視察団=22日、ソウル(聯合ニュース)

写真拡大

【ソウル聯合ニュース】韓国北東部の江原道で開かれる平昌冬季五輪(2月9日開幕)に合わせた「芸術団」公演に向け北朝鮮から韓国に派遣された視察団が22日午後、韓国での日程を終え、帰国の途についた。バスで移動し、京義線の南北出入事務所(CIQ)から陸路で北朝鮮に戻る予定。

 北朝鮮・三池淵管弦楽団の玄松月(ヒョン・ソンウォル)団長率いる視察団7人は21日に来韓し、五輪の氷上競技が実施される江陵で公演会場候補を視察。22日には蚕室学生体育館と奨忠体育館、南山の国立劇場の3カ所を回った。