“金は天下の回り物”とよく言われますが、なぜかお金がどんどんやってくる人っていますよね。あなたの周囲にそういった人がいたとしたら、“考え方”や“生き方”に注目してみてください。特に機会があれば、手相に刻まれた線を見てみましょう。


出典:NOSH

そこで今回は、“お金持ちが持っているレア手相”をご紹介いたします。

 

■1:薬指の下に線があり先端が星状になっている…くじ運抜群!大金運の持ち主

薬指の下の線(太陽線)の先端に、米印のようなシワ(星)が出ているのは、とても金運がいいことを意味するもの。本来、この“星”が出ているのはあまりよくない暗示なのですが、この場合は例外。お金に関して、思いがけない大幸運が訪れると言われています。くじ運も抜群なので、当選金額の大きいものを狙いにいってもいいかも。“攻めの姿勢”で上昇気流に乗ることが肝心です。

 

■2:運命線が人差し指と中指の間に向かう…野心家でお金のチャンスを逃がさない

運命線が人差し指と中指の間に向かって伸びている人は、地位やお金にこだわりがある野心家だと言えます。行動力があり、どんなチャンスも逃さずにつかみとることができるでしょう。“ここぞ”という時にスピーディーにアクションを起こせるので、自分の力でかなりの収入をゲットできるタイプです。ただ、あまりガツガツしすぎるとお金が遠のいていくので、たまにはリラックスすることも大切ですよ。

 

■3:小指の下にくっきりと金運線が出ている…お金に困ってもどんどん湧いてくる

小指のつけ根に3センチ以内でハッキリとした明確な“金運線”が刻まれている手の持ち主は、その名前の通りお金に困ることなく“棚からぼたもち”的なお金にも恵まれやすいとされます。くじ運もいいので、なんとなく買ったくじで臨時収入が舞い込むことも多いでしょう。ただし、ギャンブル運が強いわけではないので、パチンコや競馬などで増やそうとするのはNGです。

 

■4:感情線の上部に3センチ以上の線が出ている…貯蓄がどんどん増えていく

感情線から、上向きに線が出ていないかを見てみましょう。その付け根に小指の第一関節(約3センチ)くらいの長さの線がハッキリ刻まれていたら、マネーがモリモリ湧く証拠。貯蓄が順調に増えていき、お金に困ることがないとされる吉相です。ただし、宝くじやギャンブルなどにおいては、“大勝ち”することはないと言えるので、掛け金の低いくじを狙うのがいいでしょう。どちらかというと、周囲からの“授かり運”に期待できる相だと言えます。

 

金運は日々の生き方によって、良くも悪くもなる流動的なもの。もし“お金持ちの相”が出ていたとしても、“お金に愛される生き方”を心がけていなければ、手相は貧乏相へ変わっていってしまうことも。逆に、今そうでないとしても、お金を大切にしていたら“お金持ちの相”が出てくるはず。いま一度、お金との関わり方を考えてみてもいいのかもしれませんね。(脇田尚揮/ライター)

【関連記事】

※バレるからやめて!社内不倫カップルの「ゲスLINE」をコッソリ覗き見

※もう限界!男が「別れを決意した」彼女のウザLINE

※可愛いなぁ♡男がグッとくる「行為中」のワガママ