メスの川島永嗣、ファルカオとのW杯“前哨戦”で悲運… 退場劇にコロンビア紙も言及

写真拡大

強豪モナコ相手に奮闘も後半5分に悔やまれるワンプレー

 フランス1部メスの日本代表GK川島永嗣は、21日に行われたリーグ・アン第22節の敵地モナコ戦で、後半5分に一発退場となった。

 試合は1-3でメスが敗れたが、6月のロシア・ワールドカップ(W杯)グループリーグ第1戦で日本と激突するコロンビアの地元紙は、“前哨戦”に注目している。

「ファルカオがモナコでフル出場 メスを3-1で撃破」と特集したのは、コロンビア紙「エル・ティエンポ」だった。

「ラダメル・ファルカオ・ガルシアは、モナコ勝利の一戦で先発した。そして、勝利を再び結びつけた」と報じている。

 “エル・ティグレ”(虎)の異名を持つモナコのコロンビア代表FWラダメル・ファルカオとハリルジャパン守護神のマッチアップで、最大の見せ場は0-0で迎えた前半アディショナルタイムに訪れた。

 中盤からのロングボールに抜け出したファルカオは華麗に胸トラップ。そこから左足でシュートを放ったが、飛び出した川島が足を出してセーブする。だが、川島のセーブをエリア外で拾ったDFジョルジが左足で強烈なミドルシュート。川島は横っ飛びしたが触ることができずに、先制点を許した。

両手を広げて抗議したが…

 失点の瞬間、悔しそうな表情を見せた川島だが、後半5分に悲劇を迎えてしまう。相手のロングボールに対して果敢に飛び出しスライディングタックルでクリアを試みる。だが、相手FWアダマ・ディアカビが一歩早くボールに触ると、川島とのコンタクトはあまりないように見えたがピッチに転倒した。このプレーで主審は一発退場を宣告。両手を広げて抗議した川島だったが、判定は覆らなかった。

 記事では「メスは後半のほとんどを一人少ない状況でプレーする羽目になった。日本代表のエイジ・カワシマの退場によるものだ」「カワシマが退場となり、数的優位をモナコは維持し続けた」と、ディアカビと交錯したシーンをクローズアップしていた。

 2014年ブラジルW杯ではコロンビア代表に4失点を許した川島。当時のチームにはエースストライカーだったはずのファルカオは負傷により参加できなかった。フランスで相まみえた試合で、一発退場という悲運を味わった川島だが、日本代表の一員としてロシアの地では“エル・ティグレ”を擁するコロンビアを封じることができるだろうか。

フットボールゾーンウェブ編集部●文 text by Football ZONE web

ゲッティイメージズ●写真 photo by Getty Images