Image: Martin John Callanan / YouTube

無の境地。

刷ったものの誤植があったため、裁断されてしまったプラスチック製の5ポンド紙幣。アーティストのマーティン・ジョン・カラナンさんは、流通されずに廃棄されることとなった紙くずの山から紙幣を復元していく様子を作品にまとめました。

細かく裁断された大量の元紙幣から、ところどころのパーツを抜き出し、ピンセットで慎重に並べていく。気の遠くなるような作業ですが、時間が経つにつれてどれだけ原型に近づけるのかが楽しみにもなっていきます。

Image: Bank of England
5ポンド紙幣の原型
Image: Martin John Callanan
こんなに細かく裁断されちゃって…。

タイムラプスといえども11分。実際には丸一日かかったそうな。



Source: YouTube via The Kid Should See This
Image: YouTube, Bank of England, Martin John Callanan
Andrew Liszewski - Gizmodo SPLOID[原文]

(たもり)