クリーミーなおいしさが病みつきに!

写真拡大 (全7枚)

仕事で帰りが遅くなりそうだけれど、今夜はガッツリ食べたい!なんて日はないだろうか? そんな時はコンビニ飯をアレンジした料理で豪勢な夕食を。コンビニで買ったものをそのまま食卓に出すのは罪悪感がある……という人にもオススメだ。

今回は、コンビニ弁当ではおなじみのパスタを使ったアレンジレシピをご紹介。ここ近年でコンビニパスタは目覚ましい進化を遂げ、お店顔負けのクオリティの商品も。そのままでもおいしいが、おもてなし・持ち寄りパーティーでも応用できる一品に格上げさせよう。びっくりするほど簡単にできるので、ぜひお試しあれ!

クリーミーなおいしさが病みつきに!パスタキッシュ

卵でとじるだけの簡単レシピ

カルボナーラ+卵でパスタキッシュ

材料(20センチ耐熱皿1台分)

パスタ(クリーム系・トマト系がオススメ)=1個
卵=3個
塩・こしょう=少量
サラダ油=少量

作り方

 ゥ僖好燭鬟僖奪院璽犬良週通り温め、ボウルに移す。

ソースもしっかりボウルに移そう

◆ネ颪鰺呂ほぐし、,鵬辰─塩・こしょうを少量ふり混ぜ合わせる。

卵はしっかり溶いておくこと

.耐熱容器の全体にサラダ油をぬり、△鯑れる。

パスタが卵に浸りきらなくてもOK

ぁ180度に熱したオーブンで30分焼いたら出来上がり。オーブンがない場合は、ラップをかけて600Wの電子レンジで5分加熱した後、ラップを外してトースターかグリルで焼き色がつくまで焼く。

パスタを卵でとじただけで豪華なパスタキッシュの出来上がり!

パスタにはクリームや具材が入っているので、塩・こしょうで味を調えるだけでばっちりおいしく仕上がる。カリッと焼けたパスタがアクセントになり、想像以上に「キチンと」した一品に。

これなら、おもてなしや記念日のメニューに加えても見劣りしないだろう。また、もとのパスタからはボリュームも増すので「友達がランチに来たけどパスタ一個しかない……」なんて時にも大助かり。節約レシピとしても役立ちそう。

文・レシピ=よしもとこゆき
フードコーディネーター、ライター。世界にもっと、「美味しい」魔法を広めるため、レシピ開発やスタイリング、飲食店プロデュースなど食に携わる仕事を中心に、デザインやイラスト、コラムの執筆など幅広く活動中

よしもとこゆきさんのHPはこちら!
スーパー・コンビニ付近の賃貸物件はこちら!

※雑誌「CHINTAI」2017年12月22日発売号の特集は「引っ越しでトクする本」。こちらから購入できます(毎月24日発売)
https://www.chintai.net/magazine/