NTTドコモは、LGエレクトロニクス製のスマートフォン「V30+ L-01K」を1月25日に発売する。ドコモオンラインショップの価格は9万9144円(税込)だが、新規・機種変更時の月々サポートは4万9896円で、実質負担額は4万9248円。MNPでの月々サポートは7万2576円で実質2万6568円。

 「V30+ L-01K」は、6インチ、2880×1440ドット、18:9の有機ELディスプレイや、標準と広角の2つを搭載するデュアルカメラを搭載する。映像面に注力した機種で、映像表現としてディスプレイはHDR10をサポート。また誰でも映画のようにムードのある、丁寧に調整されたカラーで撮影できる「Cine Video」機能が用意されている。

 グーグルのVRプラットフォーム「Daydream」にも対応。ドコモではV30+購入者にVRゴーグル「Google Daydream View」をプレゼントする。

 大きさは約75×152×7.4mm、重さは約158g。ボディカラーはCloud Silver、Aurora Blackの2色。防水防塵のほか耐衝撃(MIL規格)もサポート。チップセットはクアルコム製のMSM8998で、CPUは2.45GHz駆動と1.9GHz駆動のオクタコア。メモリは4GB、ストレージは128GB。USB Type-Cに対応する。