2018年秋発売予定のiPhoneにジャパンディスプレイが開発した新型液晶が採用される見込みである、と時事通信社が報じています。割安な価格やベゼルデザインのスリム化が採用の決め手になったようです。

ベゼル幅が最小0.5mmのFULL ACTIVE

次期iPhoneに搭載されると見られる液晶ディスプレイは、ジャパンディスプレイが開発した「FULL ACTIVE」という新製品です。
 

 
FULL ACTIVEは、四辺のベゼル幅を0.5mmまで抑えた狭額縁ディスプレイです。表示画面とほぼ同じサイズの商品デザインが可能、さらに有機ELディスプレイよりも低いコストで製造できるのが特徴となっています。
 
iPhone Xも含めて、最近のスマートフォンには有機ELを採用する傾向が高まっていますが、Appleは大画面化により柔軟に対応可能な「FULL ACTIVE」を次期iPhoneに採用するようです。

報道を受けてジャパンディスプレイの株価が急騰

今回の報道を受けて、ジャパンディスプレイの株価が急騰しています。
 
同社はこれまで液晶ディスプレイしか持たず、有機ELが主流となるにつれて売上も次第に減少、前期まで3期連続赤字となっていました。しかし、次期iPhoneに同社の新製品が採用されれば経営改善に期待がもてるということで、買い注文が多数入ったようです。
 
 
Source:時事通信社,ジャパンディスプレイ
Photo:flockr-Toshiyuki IMAI
(kotobaya)