池袋・サンシャイン60展望台で一夜限りの「皆既月食」神秘的な赤銅色の月×東京のパノラマ夜景

写真拡大

池袋のSKY CIRCUS サンシャイン60展望台では、2018年1月31日(水)に営業時間が特別延長され、海抜251mの高さから「皆既月食」を観測できる。

皆既月食とは

「皆既月食」とは、地球が太陽と月の間に入り地球の影が月にかかることによって、月全体が隠れて赤銅色に見える現状のこと。今回は2015年4月4日以来約3年ぶりに観ることができ、前回の継続時間12分間に比べ77分間とかなりの好条件で観望できるといわれている。

一夜限りの「皆既月食」×東京のパノラマ夜景

当日は20:48頃に月が欠けはじめ、21:51頃〜23:08頃まで「皆既月食」を観察できると予想されている。皆既食中の月は赤銅色と呼ばれる赤黒い色になるため、普段は出会えない神秘的な光景を観ることができる。

海抜251mの高さにあるSKY CIRCUS サンシャイン60展望台では、皆既月食のはじまりに合わせ、20:40より展望台内の一部照明を消灯。その後、22:00には展望台内のすべての照明を消灯し、夜空に輝く一夜限りの「皆既月食」と東京のパノラマ夜景を堪能することができる。

【詳細】
皆既月食 SKY CIRCUS サンシャイン60展望台 特別延長営業
日時:2018年1月31日(水) 20:40〜23:00 (最終入場は21:00)
場所:SKY CIRCUS サンシャイン60展望台
住所:東京都豊島区東池袋3-1 サンシャインシティ サンシャイン60ビル・60F
入場料金:大人 1,200円、学生(高校・大学・専門学校) 900円、こども(小・中学生)600円、幼児(4才以上) 300円 ※VR料金別途
TEL:03-3989-3457


[写真付きで読む]池袋・サンシャイン60展望台で一夜限りの「皆既月食」神秘的な赤銅色の月×東京のパノラマ夜景

外部サイト

  • 「皆既月食観望会」六本木ヒルズ屋上で、"都内で最も空に近い場所"から見る神秘的な天体ショー
  • 東京スカイツリーで「皆既月食&ブルームーン」天体観測イベント、地上450mから望む天体ショー
  • 「PLAY!スペースインベーダー展」開催、六本木ヒルズ展望台のガラス面に投影されたインベーダーを撃退