画像提供:マイナビニュース

写真拡大

1月22日、中国のスマートフォンブランドOPPOは、日本のスマートフォン市場に参入することを正式に発表した。日本市場に向け、Androidスマートフォン「R11s」を投入する。

OPPOは、中国に本社をかまえるスマートフォンメーカー。Counterpointが行った2017年第3四半期におけるスマートフォン出荷台数の調査では、アジア市場で第1位、グローバル市場でも第4位にランクインしている。

このたび日本で販売されるR11sは、OPPOの「カメラフォン」最新モデル。カメラ機能やディスプレイ機能を充実させた。ディスプレイサイズは6.01インチで、画面解像度は2,160×1,080ピクセル。リアカメラはデュアル構成で、画素数は2,000万画素と1,600万画素となっている。インカメラ機能も優れており、画素数は2,000万画素。CPUにはQualcommの「Snapdragon 660」を搭載した。