画像提供:マイナビニュース

写真拡大

昭和シェル石油は1月22日、企業成長に貢献できる環境と公平な評価システムの構築を目的に、1月22日から3月30日までの間、全社員を対象とする在宅勤務のテスト導入を実施すると発表した。

同社は2008年より育児や介護などを行う社員に向け、在宅勤務制度を導入しているが、2015年には社員のニーズを踏まえ、短時間勤務制度との併用を可能としている。そして、さらに多様な働き方を実現するため、全社員を対象とする在宅勤務制度への拡大並びに現行制度(育児・介護事由)の拡充を検討しているという。

今回のテスト導入には、全社員(787名)の 1割以上の87名(管理職含む)が公募制で参画。在宅勤務を実施することによる個人の成長・生産性向上等の有効性を検証、既存ITツールの更なる活用促進、現制度の課題洗い出し及び解決策の実行を目指すとしている。