21日、網易は記事「韓国の酔っ払い、旅館で買春を求めるも拒否され放火」を掲載した。20日未明(現地時間)、ソウル市の2階建て旅館で火災が起き、6人が死亡する事件が起きた。警察は放火の疑いがあるとして、出前配達員の柳(53歳)を逮捕した。

写真拡大

2018年1月21日、網易は記事「韓国の酔っ払い、旅館で買春を求めるも拒否され放火」を掲載した。

20日未明(現地時間)、ソウル市の2階建て旅館で火災が起き、6人が死亡する事件が起きた。警察は放火の疑いがあるとして、出前配達員の柳容疑者(53)を逮捕した。韓国メディアの報道によると、20日夜、柳容疑者は同僚と酒を飲んだ後に旅館を訪れ、買春相手を呼ぶよう求めた。旅館側は柳容疑者が泥酔していることや買春サービスを提供していないことを理由に断ると、柳容疑者は警察に通報。駆けつけた警官は、柳容疑者を説得して帰らせた。

しかし、柳容疑者は帰宅せず、近くのガソリンスタンドに乗り付けるとガソリン10リットルを購入して旅館に戻り、放火。その後まもなく自ら警察に通報し自首したという。(翻訳・編集/増田聡太郎)