大坂「申し訳ないです」3回戦後のインタビューが話題に[全豪オープン]

写真拡大

「全豪オープン」の3回戦でアシュリー・バーティ(オーストラリア)をストレートで破り、自身初のグランドスラムベスト16入りを果たした大坂なおみ(日本/日清食品)。

彼女のプレーはもちろんだが、そのインタビューにも注目が集まっている。

注目されたのは、試合後に行われた勝者インタビュー。インタビュアーに「初めてのグランドスラム、最高の気持ちでしょう」と尋ねられた大坂は「とっても嬉しいけど、同時に申し訳ないです。みんな私ではなく彼女(バーティー)に勝って欲しいと思っていたでしょうから」と返答。これには会場から大きな笑いと拍手喝采が巻き起こった。

その後も、インタビュアーの「2歳のときにニューヨークに引っ越し、長年アメリカに住んでいますが、日本人であることに誇りも持っていると思います。ニューヨークと日本、この試合を観ている2つのふるさとのファンにとってこの勝利は意義有るものですね」という問いかけに対しては「今はフロリダに住んでいるんですけどね」というとぼけた返しをした大坂。続けて「日本人として戦えることを誇らしく思います。そして私の父はハイチ人で、私は彼らの代表でもあります」と答えた。そして最後に「えっとところで質問の後半はなんでしたっけ?」と笑いながら答えた。

インタビュアーも、大坂も、そして会場の観客も笑いに溢れたインタビューとなった。「全豪オープン」の公式Twitterも「とってもセンスのいいプレーの後に、とってもセンスのいいインタビュー」と動画を添えて投稿した。

バーティに勝利した大坂は22日、世界ランク1位のシモナ・ハレプ(ルーマニア)と準々決勝進出をかけて対戦する。

(テニスデイリー編集部)

※写真は3回戦勝利後にファンサービスをする大坂
(Photo by Mark Kolbe/Getty Images)