ヴェルメーレンの悪癖再発、ベティス戦で左ハムストリングを痛める

写真拡大

▽バルセロナに所属するベルギー代表DFトーマス・ヴェルメーレンの悪癖が再発した。

▽負傷離脱したDFサミュエル・ユムティティの代役として安定したパフォーマンスを続けるヴェルメーレン。21日に行われたリーガエスパニョーラ第20節のベティス戦でも引き続き先発した。加入以来の故障癖が嘘のようにプレータイムを増やしていたが、前半終盤に相手選手の背走を余儀なくされたシーンで左ハムストリングを負傷。この試合から戦列復帰したユムティティとの交代でピッチを退いた。

▽バルセロナは試合後、そのヴェルメーレンの左ハムストリング負傷を発表。翌22日により具体的な診断結果を求め、検査を受ける見通しだという。