画像提供:マイナビニュース

写真拡大

●100万契約に向けて

1月18日、ケイ・オプティコムはMVNOサービス「mineo」についての事業説明会を開催し、契約数100万件を目前にした同サービスの最新状況や新たな施策を発表した。

2017年末の格安スマホ市場では「FREETEL」の事業承継や楽天モバイルによるMNO参入など、今後の業界再編を予感させるニュースが相次いだ。2018年、mineoはどのように生き残りを図っていくのだろうか。

○100万契約が見えたmineo、MVNO市場は淘汰の時代に

これまでmineoは契約回線数の目標として、2018年3月までに100万件という数字を公言してきた。その進捗状況として、1月現在は90万件に到達。単月で4万8000件増加した月もあるなど、順調さをアピールした。

国内MVNO市場でのシェアは、2017年9月末時点で第4位となる8.2%を確保。上位3社のシェアは上から13.9%(インターネットイニシアティブ)、12.2%(NTTコミュニケーションズ)、11.4%(楽天)と大きくかけ離れた数字にはなっておらず、混戦状況が続いていることを示した。

市場全体の動向としては、2017年9月末時点でMVNOの契約数は1012万件、比率では6.7%に達しており、普及拡大期に入っていることを指摘した。その一方で700社以上がひしめくMVNO市場では買収や破綻の事例も出てきており、「優勝劣敗が始まり、生き残りをかけた淘汰の時代に入った」と上田氏は分析する。

その先にmineoが見据えるのが黒字化だ。他のMVNO事業者と同様、mineoも契約数が100万件を超えたもう少し先に損益分岐点があることを囲み取材で認めた。値上げの予定はないものの、契約数の増加に合わせてコストも増えているという。他のMVNOの買収については今後も状況を注視していくとして、含みをもたせた。

今後の市場動向を占う上で見逃せない動きが、ワイモバイルやUQモバイルといった「サブブランド」への批判だ。総務省主導で始まった検討会でケイ・オプティコムは、MVNO並みの低料金で大手キャリア並みの高速回線を提供していることを指摘し、勢いを増すサブブランドを牽制した。

●「ファンファースト」とiPhoneで戦う

○mineo成長の鍵は「ファンファースト」戦略

MVNO市場における生き残り策としてmineoが打ち出したのが、「ファンファースト」戦略だ。mineoのファンを増やすことで、新規ユーザーの獲得と同時に既存ユーザーの長期利用を促していくものになる。

ファン重視戦略の中心にあるのが、コミュニティだ。オンラインコミュニティの「マイネ王」は会員が30万人を突破。オフラインでのイベントも開催し、mineoファンと直接ふれ合う機会を増やしているという。

ファンが増えることで、具体的にはどういう効果があるのだろうか。ユーザーからの問い合わせの1割には他のユーザーが返答しており、電話やチャットによるサポートを補完している。Amazonランキングでは「携帯電話・スマートフォン SIMカード部門」で3年連続1位に。解約率は約1.1%と2016年より低い水準で推移しており、新規ユーザーの4割近くが既存ユーザーの紹介で加入するなど、口コミも広がっているという。

他のMVNOにはない新端末として、「iPhone 7」と「iPhone 7 Plus」を発売することも明らかにした。MVNOにありがちな海外モデルの整備品ではなく、メーカー認定のルートから独自に調達した新品の国内版SIMフリーモデルとなっている。

価格の面では、仕入れルートの関係でアップルストアより割高になっているものの、すでに販売終了したレッド色や256GB版を取り揃えているのは面白い。mineoから買うことで、端末代金と通信料金をまとめて払いたいニーズもあるという。

このようにmineoは、他社にはない施策を採り入れつつ、ファンコミュニティを成長エンジンとする独自の戦略を強化することで、淘汰の時代における生き残りを図っている。