デパイの劇的弾でリヨンが10人のPSGを撃破し2位浮上!《リーグ・アン》

写真拡大

▽21日、リーグ・アン第22節のリヨンvsパリ・サンジェルマン(PSG)が行われ、2-1でリヨンが勝利した。

▽首位を快走するPSG(勝ち点56)が、3位リヨン(勝ち点45)のホームに乗り込んだ上位対決。ミッドウィークに行われた第21節でディジョンに8ゴールを奪い圧勝したPSGは、その試合から先発を4人変更。ドラクスラーやキンペンベ、ムニエらに代えてラビオやマルキーニョス、ダニエウ・アウベスら先発に名を連ねた。一方のリヨンは、ミッドウィークに完勝したギャンガン戦と同じ先発で試合に臨んだ。

▽試合は開始早々の2分に動く。リヨンはバイタルエリア右でフェキルがラビオに倒されてFKを獲得。このFKをフェキルが直接狙うと、ゴール右上にシュートが突き刺さった。

▽先制を許したPSGは、29分にアクシデントが起きる。ヴェラッティのロングパスでゴール前に抜け出したムバッペが、飛び出したGKアントニー・ロペスと激しく接触。治療を受けたムバッペは、一度歩いてピッチを離れたがプレー続行不可能となり、そのまま担架でピッチを後にした。

▽一進一退の展開が続く中、前半終了間際にスコアが動く。追加タイム4分、ラビオのスルーパスで右サイドを突破したダニエウ・アウベスのクロスをボックス中央のクルザワが左足のダイレクトボレーでゴールネットを揺らした。

▽迎えた後半、先にチャンスを迎えたのはPSG。49分、ボックス右から縦に仕掛けたディ・マリアの折り返しにヴェッラッティが飛び込むも、これはわずかに届かない。さらに51分にも、ヴェッラッティがボックス左からシュートを狙ったが、これは枠上に外れた。

▽攻勢を見せていたPSGだが57分、判定に対して激しく抗議したダニエウ・アウベスが主審に暴言を吐くと、主審はすかさずレッドカードを提示した。数的不利となったPSGは、61分にディ・マリアを下げてムニエを投入した。

▽数的優位のリヨンは64分にアワールに代えてデパイを投入した。すると85分、右サイドからカットインにしたM・コルネが、ペナルティアーク右横から左足を振り抜いたが、これはGKアレオラの好セーブに防がれた。

▽このまま試合終了かと思われた93分、リヨンはボックス左手前でパスを受けたデパイがカットインから豪快に右足を振り抜くと、このシュートがゴール右上に突き刺さった。

▽結局、このゴールが決勝点となりリヨンが10人のPSGを撃破。リーグ戦7試合無敗のリヨンが2位に浮上している。