「提供予定の株取引アプリを見たらきっと驚くと思います」と自信を見せるFinatextの林良太代表取締役CEO


「目下の目標は、証券サービス向けプラットフォームでナンバーワンになること。ベンチャーの中で1番ではなく、業界のトップです」

 こう話すのは、2014年にFinatext(フィナテキスト)を創業した林良太氏である。大手証券会社の株取引システムと連携し、証券サービスアプリを開発・運用できるシステム基盤「BaaS(Brokerage as a Service)」を武器に、間もなく証券業に乗り出す。

 Finatextは、金融とITを融合させた「フィンテック」の分野で注目のベンチャーである。ユーザーが株価を予想するスマートフォン向けコミュニティアプリ「あすかぶ!」を2014年11月にリリースしたのを皮切りに、矢継ぎ早に新サービスを打ち出してきた。ユーザー同士が意見交換しながらFX(外国為替証拠金取引)を疑似体験できる「かるFX」や、ユーザーの口コミを参考に投資信託を選べる「FUNDECT」など、これまでにリリースした5種類のアプリのユーザーは200万人を超える。

 Finatextの事業活動は、日本国内にとどまらない。すでに台湾で「あすかぶ!」を提供しており、現地で2番目に大きな個人投資家のコミュニティを形成するほど受け入れられている。2017年1月にはマレーシアのクアラルンプールに現地法人を設立し、マレーシア株を対象に「あすかぶ!」を展開。さらに今年、英国でFXと仮想通貨の取引サービスを開始する計画である。

 従来のように1社でサービス全体を提供するという限界の見えてきている方法に代わり、システム基盤BaaSは、業界の枠を超えたコラボレーションで新たなサービスを創出するための、これまでにない新しい仕組みだ。「必要があれば新しい銀行も作りたい」と語る林氏に、「金融サービスの再発明」を実現するための方策と展望を聞いた。

[JBpressの今日の記事(トップページ)へ]

SNSのタイムラインからダイレクトに株式を売買

――証券業に参入するそうですが、その狙いを教えてください。

林良太氏(以下、敬称略) ご存知のとおり、フィンテックによって今、世界中で金融のサービス革命が起きつつあります。こうした動きの中で、当社は金融サービスを再発明しようと「あすかぶ!」や「かるFX」など複数のモバイルアプリを開発しリリースしてきました。証券業への参入も、金融サービス再発明の一環です。

 2017年12月にFinatextの子会社スマートプラスが第一種金融商品取引業者への登録を完了したのを受け、このほど株取引アプリ「STREAM(ストリーム)」の事前登録の受け付けをWebサイトで開始したところです。アプリはまだ公開前ですが、見たらきっと驚くと思いますよ。

――オンライン証券会社のスマートフォンアプリとは違うんでしょうか?

 簡単に言うと、STREAMは「SNS with Trading」アプリです。ツイッターに株の売買ボタンがついているイメージで、アプリ画面に表示されるタイムラインを見ながら、興味がある株を簡単に購入できます。株価チャートを確認することも可能ですが、おまけのような位置づけです。

――株価チャートの見方など投資の基本テクニックを学んで株式を売買するのではなく、リアルタイムで流れるタイムラインの情報を参考に投資する。確かに新しい発想だと思いますが、ニーズがありますか?

 株式投資に興味があるすべての人にSTREAMが“刺さる”とは考えていません。一方で、いろいろな情報を提供する証券会社のアプリを見て、株の取引は難しすぎると感じている人が少なくないことも事実です。STREAMは、興味はあるけど株式投資に踏み出せずにいる人、スマートフォンで手軽にピピッと取引したい人などのニーズに応えられると思っています。

多様なニーズに応えるためのプラットフォームを提供

 これからの金融サービスに求められるのは、マスカスタマイゼーションです。投資経験や目的などに応じたさまざまなマイクロサービスを生み出し、多様なユーザーのニーズに応えていく。

 スマートフォンの世界を見てください。単機能のアプリがたくさん登場して、個々のユーザーのニーズを満たしている。クラウドサービスも同様です。例えば、米Amazon.comのAWS(Amazon Web Services)は数多くのマイクロサービスをラインナップしています。

 もちろん、当社が単独で金融サービスのマスカスタマイゼーションを実現するのは容易ではありません。そのため、証券サービスのプラットフォームとして多くの企業に使ってもらう想定で、システム基盤となる「BaaS(Brokerage as a Service)」を設計しました。

図 スマートプラスが提供するBaaSの位置づけと効果(スマートプラス提供)


 スマートプラスのSTREAMは、あくまでもBaaS上で動くアプリの第1弾です。アプリ開発に必要なAPI(Application Programming Interface)は提供しますので、いろいろな企業にBaaSを利用してもらい、それぞれ特色を打ち出したマイクロサービスを手掛けてほしいと考えています。

――金融サービスはこれまで、1社でありとあらゆるサービスを提供してきました。

 しかし、成長の勢いに限界がみえてきた。業界の枠を超えたコラボレーションは、もはや避けて通れないでしょう。

――BaaSの利用企業として、どのような業種を想定していますか?

 鉄道や航空といった運輸業、旅行業、ゲーム業界など非金融業界の利用を考えています。

 株取引ありきで投資を始めてもらうのではなく、何らかの主目的を達成するための手段として、顧客に金融サービスを使ってもらう。例えば、投資で大きな利益が出たらハワイ旅行やヨーロッパ旅行に行き、利益が小さければ国内旅行に行く。BaaSの利用企業が自社でアプリを提供するか、スマートプラスが展開するかを詰める必要はありますが、そうした金融サービスがいくつも出てきたら面白くないですか?

金融リテラシーの底上げが自分に課された使命

――Finatextは個人投資家を想定した株価予想やFX疑似体験のアプリから、資産運用の最適なポートフォリオを提案する金融機関向けロボットアドバイザーの提供まで、BtoCとBtoBのビジネスを手広く手掛けてきました。ついには、自社グループで証券業に乗り出し、金融サービスのプラットフォーマーも視野に入れる。そのモチベーションはどこから来ているのでしょうか。

 ロンドン時代にさかのぼります。東京大学経済学部卒業後に英ブリストル大学でコンピュータサイエンスを学び、ロンドンのドイツ銀行に新卒入社しました。2009年9月のことです。当時はリーマンショックの影響で、金融市場の環境は最悪でした。

 海外にいると分かるのですが、日本には素晴らしい企業がたくさんあるんです。それにも関わらず、日本企業はROE(自己資本利益率)が低いなどの理由から評価されず、日本のマーケットに対する投資家の興味は薄れていました。なんだか馬鹿にされているような気がして・・・。正直、腹立たしさを覚えました。

――メガバンクなど大手の株価が軒並み、底なしに下がる時期がありましたね。

 どうして評価されないのかを日々考え続けた結果、大きく3つの原因に行きつきました。起業家が少ないこと、長引くデフレ、そして総じて低い金融リテラシーです。

 特に最後の金融リテラシーは、長年にわたって日本で掲げられてきた「貯蓄から投資へ」の動きを阻み、結果として日本のマーケットのプレゼンスを下げる原因になっている。同時に、金融リテラシーを底上げして貯蓄から投資への流れを生み出すことこそ自分に課された使命だと感じ、起業に踏み切りました。

――最初にリリースしたコミュニティアプリの「あすかぶ!」や「かるFX」は、金融リテラシーを高める狙いがあった?

 株やFXに興味を感じた人に手軽に使ってもらおうと考えました。市場で売買する機能は持たせませんでしたが、取引を疑似体験しながら自然と金融サービスの知識を身に付けられる。その中から実際に株やFXの取引を始めるユーザーが出てきて、投資に成功したといった情報がコミュニティで活発に交わされるようになれば、貯蓄から投資への流れを作り出すことにつながります。

――国内証券業への参入と並行して海外での事業展開も進めている。当面のゴールはどこに設定していますか。

 目下の目標は、証券サービス向けプラットフォームでナンバーワンになることです。ベンチャーの中で1番ではなく、業界のトップですよ! 金融サービスの再発明をするうえで必要があれば、将来的に銀行も作りたい。

――銀行ですか!?

 数年前に銀行を作るなんて言ったら、世間に笑われて信じてもらえなかったかもしれません。しかし、BaaSを開発して証券業に参入できた。銀行だって決して非現実的な話ではないんです。

林 良太(はやし・りょうた)氏
Finatext代表取締役CEO
2008年に東京大学経済学部卒業。2009年、日本人初の現地新卒でドイツ銀行ロンドンに入社。Electronic Trading System部門を経て、Global Equity部門にてロンドン、ヨーロッパ大陸全域にて機関投資家営業に従事。2013年より国内ヘッジファンド大手のGCIに参画。1年で同社の海外ビジネスを急拡大させた後、2014年Finatextを創業。

筆者:栗原 雅