ダイエット成功の鍵は「続けられる食習慣」を自分で見つけることだ

写真拡大

ダイエットを持続させるためには痩せる習慣を身につけることが不可欠です。私自身、12年前に13kgのダイエットに成功し、今日までリバウンドなしで痩せた時の体重をキープできています。これはまさに「習慣化」のお陰だと思っています。今回は、習慣化することがなぜダイエットの真の成功につながるのか? についてお伝えしたいと思います。(管理栄養士 岡田明子)

「続けられるかどうか」が鍵
習慣化ダイエットの3ステップ

 ご飯を食べたら歯を磨く、毎日お風呂に入る、など誰にでも当たり前にしている「習慣」があると思います。意識せずに行動できるようになればそれが「習慣化」できたと言えるのです。

 ダイエットをするときは、今までの食習慣をどこか改善していかなければなりません。一時的にダイエットできたとしても、その習慣が続けられなければ、リバウンドしてしまうのです。

 私がダイエット指導をする際に一番気をつけているポイントは、その人が「続けられるものなのか?」というところです。例えば、お菓子が大好きな人がお菓子を食べるのを止めれば体重は減ります。しかし、一切お菓子を食べない習慣を一生続けられるのでしょうか。

 もし「一生お菓子を食べないなんて無理!」という人であれば、他のやり方を考えて提案します。例えば、週に1回だけご褒美DAYを作る、お菓子を食べた日は活動量を増やす、などです。

 経験から、ライフスタイルに合ったダイエットのやり方こそ、リバウンドしないダイエット方法だと感じています。そのやり方は「習慣化ダイエット」と呼び、3ステップで実行することができます。

(1)ライフスタイルに合ったやり方で目標体重を目指す
(2)目標体重を達成したらその習慣を継続して体重を維持する
(3)習慣化できれば一生リバウンドしない体を手に入れることができる

 上記のステップを踏んでダイエットに成功したクライアントと私の例をご紹介しましょう。

続きはこちら(ダイヤモンド・オンラインへの会員登録が必要な場合があります)