マルコ・シウバ解任のワトフォード、マラガやルビン・カザン率いたハビ・グラシア氏が新監督就任

写真拡大

▽ワトフォードは21日、ハビ・グラシア新監督(47)の招へいを発表した。契約期間は2019年6月30日までの1年半となる。

▽今シーズンのプレミアリーグでここまで7勝5分け12敗の10位につけているものの、直近11試合でわずか1勝と苦しむワトフォードは21日、今季就任したマルコ・シウバ監督(40)の解任を発表。一部では成績不振に加え、昨年にエバートンが新監督を探していた際に、同監督がクラブの許可なしに接触したことで幹部との確執が生まれていたとの報道も挙がっていた。

▽一方、ワトフォード再建が託されたスペイン人指揮官のグラシア新監督は、アルメリアやオサスナ、マラガなどを指揮し、2016年5月にルビン・カザンの指揮官に就任。就任1年目となった昨シーズンは、ロシア・プレミアリーグで9位に終わり、シーズン終了後に契約を解消していた。