ユベントス、北朝鮮FW獲得難航か。移籍金をつり上げるカリアリ

写真拡大

▽ユベントスが、カリアリの北朝鮮代表FWハン・グァンソン(19)に対する関心を続けている。しかし、カリアリは安値で手放す考えがないようだ。イタリア紙『ガゼッタ・デロ・スポルト』が伝えた。

▽北朝鮮人FWのハンは現在、セリエBのペルージャにレンタルされて活躍中だ。この活躍に目をつけたユベントスが、19歳の同選手を狙っている。

▽しかし、肝心の値段がユベントスの想定とは違ったようだ。ユベントスは当初、900〜1000万ユーロでハンを獲得できると考えていたものの、カリアリは同選手の価値の高まりを感じており、現在は1500万ユーロ(約20億円)未満では手放さないというスタンスだという。

▽イングランドからはトッテナムも関心を示していると言われるハン。争奪戦となれば、移籍金はさらに高まるかもしれない。それでもユベントスは獲得を目指すのだろうか。