堂安豪快ミドル! 2戦連続の今季4点目&フル出場もチームはドロー《エールディビジ》

写真拡大

▽MF堂安律の所属するフローニンヘンは21日、エールディビジ第19節のヴィレム鏡錣卜廚1-1で引き分けた。堂安はフル出場し、1ゴールを決めた。

▽昨年最後のリーグ戦となったスパルタ・ロッテルダム戦で堂安の1ゴール含む大量得点で4-0の大勝を収めたフローニンヘンにとって、2018年最初のリーグ戦。前節ベンチスタートとなった堂安は、スタメンに復帰した。

▽試合が始まると、堂安が序盤から結果を出す。14分、ショートカウンターでボックス手前中央のドロストが、ボックス手前やや左の堂安にパスを供給。すると、堂安は豪快に左足を振り抜き、ゴール左上隅に突き刺した。

▽堂安の2試合連続となる今シーズン4点目で先制したフローニンヘンは、そのリードを保ち1-0で試合を折り返す。後半に入っても相手の攻撃をしのいでいたが、途中出場のアッザオーイが71分に左サイドからカットインして右足を振り抜く。これをファーに沈められ、同点にされてしまう。

▽その後はスコアが動くことはなく、1-1のまま試合が終了。堂安がフル出場してチーム唯一の得点を記録したものの、白星は逃すこととなった。