ラフィーニャ、まもなくインテル移籍が実現か

写真拡大

▽バルセロナに所属するブラジル代表MFラフィーニャ(24)は、2021年までの契約でインテル移籍が近づいているようだ。イタリア『ガゼッタ・デッロ・スポルト』が報じた。

▽伝えられるところによれば、ラフィーニャは今冬、買い取りオプション付きのレンタルでインテルへ。シーズン終了後に3500万ユーロ+ボーナス300万ユーロの3800万ユーロ(約51億4000万円)を支払う内容で、21日にもメディカルチェックを受ける見通しだという。

▽バイエルンのスペイン代表MFチアゴ・アルカンタラを兄に持つラフィーニャは、2011年にバルセロナの下部組織からトップデビュー。近年、度重なる故障で離脱が続いていたが、17日に行われたコパ・デル・レイ準々決勝1stレグのエスパニョール戦で実践復帰を果たした。