「猫好き」な男性が女性から抱かれるイメージ9パターン

写真拡大

知り合いとの会話で「犬と猫ならどっちが好き?」という話題が出ることはよくありますが、その際に「猫好き」と答える男性に対して、女性はある種のイメージを抱くようです。そこで今回は、『オトメスゴレン』女性読者への調査結果をもとに、「『猫好き』な男性が女性から抱かれるイメージ9パターン」をご紹介します。

【1】自分自身も猫っぽい性格の「気分屋で自由に行動する人」
「付き合ったら振り回されそう」(20代女性)など、猫好きの男性に対して「気まぐれな性格」という印象を持っている女性は多いようです。デートに誘う際は事前にプランを相談するなど、女性に気配りができることをアピールするとよさそうです。

【2】振り回されたい願望がある「ツンデレ好きな人」
「わがままな女王様に仕えることが幸せ、みたいな」(20代女性)など、自由気ままな猫に振り回されることを楽しむタイプの男性は、「ツンデレ好き」と思われるようです。女王様タイプの女性にとっては、好印象になるかもしれません。

【3】孤独を愛しているのかもしれない「友達が少ない人」
「一人でいるのが好きそう」(10代女性)など、猫好きの男性には孤独なイメージもあるようです。ただし、あまりにも孤高な印象が強いと、女性は親しくなることを躊躇するかもしれません。社交的な一面があることもしっかりアピールしておきたいところです。

【4】多少のワガママは聞いてくれそうな「甘やかしてくれる人」
「思い切りかわいがってくれそう」(10代女性)など、「猫かわいがり」という言葉があるように、猫好きの男性は彼女を甘やかすタイプという印象があるようです。彼氏に対して無条件の優しさや包容力を求める女性であれば、好印象に映りそうです。

【5】家にいるのが好きそうな「内向的でインドア派な人」
「猫と一緒にお家デートが多くなりそう」(20代女性)など、のんびりゴロゴロするのが好きな猫と同じように、猫好きの男性はインドア派と思われがちなようです。デートをする際は適度に外出もして、女性を飽きさせないように配慮すべきでしょう。

【6】程よい距離感を好みそうな「ベタベタされるのが嫌いな人」
「無神経に近寄ると嫌がられそう」(20代女性)など、猫のように付かず離れずの距離感を好む男性というイメージもあるようです。ただし、大切な人に対して距離を取るような態度は、女性を不安にさせる恐れも。自分から距離感を縮めていく努力をしたいところです。

【7】動物を愛する心が素敵な「心の優しい人」
「動物好きに悪い人はいない!」(10代女性)など、「動物好き」という大きなくくりで、優しい男性という印象を持つ女性もいるようです。ピンポイントに猫だけを偏愛するのではなく、動物全般に対する愛情をアピールすると好印象でしょう。

【8】実は他人との関わり方がヘタそうな「寂しがり屋な人」
「対人関係が不器用そう」(20代女性)など、猫好きの男性に対してコミュニケーション力の低さを感じている人もいるようです。それを逆手にとり、特定の女性にだけ親しげな態度で接すれば、「特別扱いされている」と好意的に受け取ってくれる可能性はありそうです。

【9】なぜかオタクっぽい印象の「メイド喫茶が好きそうな人」
「なんとなく猫耳とか好きな気がする」(20代女性)など、具体的な関連性はないものの、猫好き男性に「オタクっぽさ」を感じる人も少なくないようです。事実であれば、あえてオタクキャラを前面に押し出すことで、趣味の近い女性と親しくなれるかもしれません。

ほかにも、「『猫好き』な男性が女性から抱かれるイメージ」があれば教えてください。ご意見をお待ちしております。(呉 琢磨)