Twitterで匿名の質問を募るサービス「Peing -質問箱-」(ペイング)が人気となっている。

Twitterのアカウントと連動する形で、質問箱を設置して、匿名の質問を受けつけるというこのサービス。匿名でないと聞きづらいことも質問できるということで人気となり、2017年11月のサービス開始から2018年1月までにユーザー数は100万人を突破したという。

そんななか、Peingの公式Twitterが1月16日、

“【お知らせ】サービス開始以来、Peing-質問箱-で回答された数が1000万を超えました!ちなみに累計で質問数は1400万件ありましたので、皆さんが質問に飢えていることがわかりました。なお、自作自演の質問が30万件ありました。相当飢えているようです。”

と、30万件の「自作自演」の質問があったことを公表。さらに翌日には、

“【お知らせ】昨日30万もの自作自演による質問があったことをご報告しました。分析してみると自作自演をしていた人の数としては14万人以上でした。うち約120人が100問も自分に質問を送っていました。”

と、100問もの質問を自分の送っていたユーザーが120人もいたと暴露したのだ。

この公式アカウントのツイートに対し、

“誰からも質問が来ない人もいるので自作自演は許して上げてください;;;”
“クリエイターが自分のプロフィールページに「100の質問」として自問自答するのと同じやろう ただ自問自答だと最初に公言しといたほうがいいな”

などの意見が寄せられており、自作自演をしたユーザーがいたことを“晒す”こととなった投稿への批判も多かった。

このような反応に対し、ペイングの公式アカウントは、

“質問箱の自己質問の状況分析について、気を悪くされた方がいらしたようで誠に申し訳ございませんでした。運営側としまして、想定外の利用方法だったため興味深く拝見し、一つの社会事象として伝達させていただきました。しかしながら表現に不適切な部分がございました。重ねてお詫び申し上げます。”

と、謝罪。さらに

“今回セルフ質問として公式に存在を認定させていただきました。セルフ用の質問フォームとして自分のページでもフォームが表示されるように実装いたしました。”

と、自分への質問がしやすくなるように仕様を変更した。

たしかに、自問自答はまったく悪いことではないし、自問自答を有効活用する方法はいくつもあるはず。今回の公式アカウントの“暴露”は結果的にサービスの可能性を広げることとなったといえそうだ。
(小浦大生)

■関連リンク
・匿名で質問を受け取れる質問箱を作ろう! | Peing
https://peing.net/
・Peing-質問箱-(公式)(@Peing_net)さん | Twitter
https://twitter.com/Peing_net