遠藤保仁、吉田麻也に本音「大人しくしておけ」

写真拡大

ガンバ大阪の遠藤保仁が、テレビ東京で1月21日に放送されたサッカー番組『FOOT×BRAIN』(毎週日曜11:00〜)にゲスト出演。番組MCの勝村政信、皆藤愛子、そして、横浜フリューゲルス時代にチームメイトとして遠藤とピッチに立った番組アナリストの三浦淳寛と共に「ゲームメイカーの必要性」について語り合った。

遠藤は、日本代表歴代最多出場記録を持ち、2大会連続でワールドカップに出場。2014年にはガンバ大阪で3冠を達成しJリーグMVPに輝くなど、日本屈指のゲームメイカーとして、日本サッカーを長きにわたり牽引している。

まず、遠藤のプレースタイルはどのようにして確立されたのか? それは高校時代のブラジル人コーチとフリューゲルス時代のレシャック監督の教えが大きかったのだとか。高校のコーチには「(遠藤のポジションは)極力ドリブルはしなくていい。ワンタッチ、ツータッチでボールをはたいて、写真家が撮りづらい選手になりなさい」と言われたという。これは、日本サッカー殿堂入りを果たしたプロカメラマン・今井恭司が番組に出演した際に語った、「今はサッカーのスピードが早くなっているので、撮りにくい、撮れないというくらいになった方が良い選手になると思う」というコメントとも一致。そして、レシャック監督に「日本人は走りすぎる。人が走るのとボールはどっちが速いんだ?」と教えられ、プロ1年目にして“パスサッカー”に確信を得るに至った。

そして三浦は、遠藤のプレーについて「よく首を振って(周囲を見て)いて、(味方の)動き出しに合わせてすぐに出せるところにボールを置いている」と解説。遠藤は「敵も味方も見て、(自分は)トップスピードでボールを受けないようにする。人より早く動けば、同じポイントだとしてもスピードを殺してボールを受けられるので、次のプレーがしやすい」と秘訣を明かした。

そしていよいよ本題へ。かつてはロベルト・バッジオやロナウジーニョ、ジダンなど、独創的なプレーで試合を支配し、観る人を惹きつけたゲームメイカーの多くが、背番号「10」をつけていた。しかし、近年はフィジカル重視のサッカーが世界の潮流となり、“ファンタジスタ”や“10番”といったゲームメイカーの必要性が薄れたと言われている。

勝村が「この状況にどう対応しているのですか?」と質問すると、遠藤は「僕は10番がいるべきだと思っています。いないならやろうかなって。(トレンドとかは)あまり気にしていないです」とサラリと答え、三浦も「世界のトレンドとかをマスコミが言ったりするけど、サッカーはいろんなスタイルがあって良い」と遠藤の意見を支持した。

そして、日本代表に目を向けると、ハリルホジッチ監督は、縦への速い攻撃で緩急や揺さぶりを必要としないサッカーを展開。そんな戦術に対して遠藤はどう思うのか? 「毎日パスタを食べていたら飽きるでしょ? トンカツが入ったらわくわくするじゃないですか」と語り、三浦も「ワンパターンだと相手も対応できるんですよね」と、あまりに一辺倒な戦い方の危険性を指摘した。

また、南アフリカ大会のデンマーク戦、遠藤は、試合中に岡田武史監督にシステム変更を進言したことがある。それ以前は遠藤と長谷部誠の後ろに阿部勇樹が配置されていたが、この試合は阿部を2人の前に配置。しかし、うまく機能しなかった為に遠藤は「これではだめだ」と試合中に岡田監督に伝え、監督もシステム変更を受け入れたというエピソードがある。三浦は「ピッチの選手とピッチの外の監督では、意外に違って見える。そこでうまくコミュニケーションをとれて、それを認めた岡田さんはすごいと思う」と対応を賞賛した。