19日、漫画「ちはやふる」などで知られる漫画家の末次由紀氏が自身のTwitter上で、ワイドショーにはびこる不倫報道について自身の意見を明かした。

末次氏は、メディアで取り上げられる不倫報道に「もう、誰と誰が交際とか、不倫とか、密会とか、そういう報道全部なくなったらいい」と指摘。

続けて「結婚とかおめでたくて公式に発表したいことはいいけれど、それでも『妊娠はしていないということです』という一文など絶対にいらないし、そういうのが不自然だと感じられるくらい価値観が変わったらいい」とつづり、昨今の報道スタイルに違和感を示したのだ。
さらに「わたしたち情報を受け取る側が『ゲスなことが好きなんでしょ』と報道側に思われているとすれば、明確にNOだと言って行かねばと思いました」と訴え、最後に「ワイドショーからはマイナスしか生まない情報が多すぎる」と断言していた。
同日、「週刊文春」で不倫疑惑を報じられた音楽プロデューサー・小室哲哉さんが会見を開き、不倫騒動のけじめとして「引退を決意した」と表明している。

【関連記事】
土田晃之 相次ぐ芸能人の不倫報道に嫌気「目くじら立てて怒るのもおかしな話」
ヒロミ 不倫特集への発言に本音「既婚者は冗談でも嫌なんだよ」
不倫疑惑の小室哲哉の気持ちをアレクサンダーが代弁?「深く考えてねーよ」