アーセナルがオーバメヤン獲得へ68億円オファー ドルトムント側は81億円を要求か

写真拡大

エースの去就問題を独誌報道 移籍成立へ13億円差を埋められるか

 アーセナルがドルトムントのガボン代表FWピエール=エメリク・オーバメヤン獲得に向けて、5000万ユーロ(約68億円)の正式オファーを出したことが分かった。

 ドイツのサッカー専門誌「キッカー」が報じている。

 オーバメヤンはチームの規律違反などで14日のヴォルフスブルク戦(0-0)と19日のヘルタ・ベルリン戦(1-1)でベンチ外となった。ヘルタ戦当日に友人たちと遊びのサッカーに興じていたことが明らかになるなど、すでに心は黄色と黒の名門から離れている。そんなオーバメヤンのもとに、アーセナルから正式なオファーが届いたという。

 移籍金は5000万ユーロ以上だというが、記事では「2021年に契約満了となるガボン代表を獲得するには、これは十分ではない」と報じている。

 オーバメヤンに対し、ドルトムントは最低でも6000万ユーロ(約81億円)の移籍金を求めているという。MF香川真司と絶妙な連携を誇る韋駄天ストライカーは、ついにチームを去ることになるのだろうか。

フットボールゾーンウェブ編集部●文 text by Football ZONE web

ゲッティイメージズ●写真 photo by Getty Images