世界ランク3位のジョン・ラーム、優勝なるか!?(撮影:GettyImages)

写真拡大

<キャリアビルダーチャレンジ 3日目◇20日◇PGAウエスト・スタジアムコース他>
米国男子ツアー「キャリアビルダーチャレンジ」の3日目。トータル15アンダー2位から出た世界ランキング3位のジョン・ラーム(スペイン)は、4位タイに後退した。
<動画>SMBCシンガポールオープン2日目 日本人選手ハイライト
ラームは第3ラウンドを6バーディ・4ボギーの“70”でラウンド。トータル17アンダーで4位タイで最終日に挑む。
1イーグル・7バーディ・1ボギーの“64”と快進撃を見せたオースティン・クック(米国)が、トータル19アンダーで単独首位に浮上。1打差2位タイには、アンドリュー・ランドリー、マーティン・ピラー(ともに米国)が続いている。
2018年になって初めての米国開催となる今大会は、3日目までをプロ2人・アマチュア2人のペアリングで競技が行われ、最終日はカットラインを通過したプロのみで優勝を争う。2018年初戦のフィル・ミケルソンは、トータル4アンダー104位タイで最終ラウンド進出を果たせずに終わった。
<ゴルフ情報ALBA.Net>

3ラウンドで6オーバー 鬼門ホールの攻略が石川遼の2年ぶり優勝のカギ!?
「まだ半分ある」石川遼 首位タイで決勝ラウンドに進出
【石川遼・復活優勝へ】プロ転向から現在まで、10年の軌跡を振り返る
【石川遼・復活優勝へ】宮崎で取り戻した自信の裏にレジェンドの言葉あり
ケガの功名で兆しが見えた!8ホールで4バーディの石川遼は暫定22位タイ