ムヒタリアンがアーセナル移籍合意と英メディア報道 サンチェスのマンU移籍も秒読みに

写真拡大

今冬最大のトレード実現へ サンチェスはマンチェスターへ向かったとベンゲル監督示唆

 マンチェスター・ユナイテッドのアルメニア代表MFヘンリク・ムヒタリアンが、アーセナル移籍で合意に達したことが明らかになった。

 アーセナルのチリ代表FWアレクシス・サンチェスのユナイテッド移籍の条件がクリアになったために、驚きのトレードがついに実現することになる。英公共放送「BBC」が報じた。

 プレミアリーグ屈指の実力者であるサンチェスは、4-1で勝利した現地時間20日のクリスタル・パレス戦を欠場した。アーセナルのアーセン・ベンゲル監督は「彼はプレーしなかった。車で北上しながら、同じ時間に試合に出ることはできない」と説明。エースがマンチェスターに向かったことを明らかにしている。

 その一方で、ムヒタリアンもアーセナル移籍を決断し、合意に達したと報じられている。年俸と契約期間は未定となっている。

 当初はアーセナルが移籍金を手にすると報じられていたが、金銭の譲渡を伴わないトレードになると見られている。今冬の移籍市場最大のトレードになりそうだ。

フットボールゾーンウェブ編集部●文 text by Football ZONE web

ゲッティイメージズ●写真 photo by Getty Images