<SMBCシンガポールオープン 最終日◇21日◇セントーサゴルフクラブ セラポンコース(7,398ヤード・パー71)>
連日のサスペンデッドにより、進行が大幅に遅れている国内男子ツアー開幕戦「SMBCシンガポールオープン」の最終日。第3ラウンドを10ホール目のティショットを打ったところで日没サスペンデッドとなった石川遼が、現地時間7時40分より10番パー4の2打目から競技を再開させている。
【連続写真】石川遼のニュースイングを前方&後方から!
9ホールを回ってトータル7アンダー、首位と2打差の3位タイにつけていた石川は、10番ホールをパーとしてこの日をスタート。現在日本勢トップに立ちツアー通算15勝目、2年ぶりの優勝を目指す。
日本勢2番手、首位と3打差のトータル6アンダー10位タイにつけていた小平智は、13ホール目の1・5メートルのバーディパットから競技を再開し、これを決めてトータル7アンダーでプレー中。
現在首位には、トータル10アンダーのチャプチャイ・ニラト(タイ)、ダンタイ・ブーマ(タイ)が立っている。
なお、現地時間8時40分より組み換えなしで最終ラウンドがスタートしている。
<ゴルフ情報ALBA.Net>

【石川遼・復活優勝へ】宮崎で取り戻した自信の裏にレジェンドの言葉あり
3ラウンドで6オーバー 鬼門ホールの攻略が石川遼の2年ぶり優勝のカギ!?
【注目選手スイング解説】改造中の石川遼、問題は右サイドに!?
石川遼、スイング改造の参考にしたのはあの名選手
【石川遼・復活優勝へ】プロ転向から現在まで、10年の軌跡を振り返る