消費者庁は「湯たんぽによる低温やけどに関する注意」を発表(depositphotos.com)

写真拡大

 連日連夜、冷え込みが厳しい。湯たんぽや使い捨てカイロが手放せない。

 2017年12月6日、消費者庁は「湯たんぽによる低温やけどに関する注意」を発表。就寝時は布団に入れたままにせず、温まったら取り出すようにアドバイスしている。だが、湯たんぽを朝まで布団に入れたまま寝ている人が多いだろう。
 
 湯たんぽや使い捨てカイロは、使い方を間違えると低温やけどを招く。どのような注意が必要だろう?

気づきにくく、重症化しやすい

 『新版 今さら聞けないスキンケアの正解』 (主婦の友社/よしき皮膚科クリニック銀座・吉木伸子院長)によれば、低温やけどとは、40度から60度くらいの、比較的低温で受けるやけどだ。40度で約6時間、44度で2時間、50度で2〜3分で低温やけどを生ずるが、体質、部位、熱源によって時間は異なる。

 人間の皮膚温は36度程度だが、40度でも長時間さらされれば、皮膚のタンパク質が熱変性して壊死する。それが低温やけどだ。温熱熱傷(熱湯、火焔、蒸気などの熱による損傷)の1つで、低温熱源による熱傷を指す。起こしやすい部位は、かかと、くるぶし、すねなど皮膚の直ぐ下に骨がある部位が多い。

 また、低温やけどは、若い人よりも高齢者や糖尿病などの持病がある人に起きやすい。健康なら体をずらして避けられるが、糖尿病の神経障害のために感覚が低下していたり、脳梗塞や骨折などで体を動かしにくい状態なら、湯たんぽなどに皮膚が長時間触れたままにになる。寝たままの乳幼児にも注意が必要だ。

 最初は、皮膚がやや赤くなる程度なので、皮膚の変化も目立たず、痛みも弱い。だが、数日後に皮膚が黒ずみ、皮膚の深部に穴が開くように崩れる。

 このように自覚症状が乏しく、受診まで時間がかかることが多いため、受診時には皮膚の皮下組織が破壊され、手術が必要になる場合もある。治療に1カ月近くかかったり、やけどの痕跡が残ったりする。気づきにくいために、重症化しやすいのが、低温やけどの最大のリスクだ。

低温やけどは冷やさない! 「水疱が出る」「真ん中が黒くなってくる」なら急いで皮膚科へ!

 低温やけどの原因は、湯たんぽだけではない。電気あんか、使い捨てカイロ、こたつなどの温熱器具のほか、ファンヒーターの前で寝てしまったなど例も少なくない。知覚が低下している高齢者ならトイレの便座や、ダイエット器具(電極を当てて電気を流し、温度を上げたり筋肉を動かす器具)、スマホなどの報告もある。

 低温やけどを起こす条件は何か? 血行不良(血行が悪いと熱がこもる)、高齢者、糖尿病患者(知覚がにぶく熱さを感じない)、温度が高くなる環境(使い捨てカイロを貼って毛布をかけて寝る、電車のヒーターの上にすわる)、圧迫(使い捨てカイロの上からガードル、電気あんかに足をのせて上から布団をかける)、爆睡、泥酔などだ。

 特に、あんかや湯たんぽの場合は、毛布や布団をかけて熱がこもる、足に当て圧迫も受けるので、さらに血行悪化するため、低温やけどを起こしやすい。したがって、あんかや湯たんぽは、体から離して絶対に触れない位置におくか、寝るときは布団から出すようにしよう。

 低温やけどを起こした時の注意点は何か? 低温やけどに気づいたら、まず冷やさない。血行がさらに悪くなるからだ。消毒もしない。赤みがだけ軽症なら、ワセリンを塗って保護する。だが「水疱が出る」「真ん中が黒くなってくる」なら、急いで皮膚科を受診しなければ危険だ。

 いずれにせよ、低温やけどを起こさないように、十分に注意して暖房器具を使うのが、最善策であることは言うまでもないだろう。
(文=編集部)

*参考
▶︎京都逓信病院
▶︎兵庫県立健康生活科学研究所生活科学総合センター