昔からネガティブ思考だというあなた。ときにそれが笑いのネタになることはあっても、そのネガティブな考え方ゆえにチャンスを逃してしまったり、気持ちが落ち込むことが多かったりするのではないでしょうか?
そこで今回は、そんな思考をポジティブに変えるために心がけるべきことをまとめてみました。

ポジティブ思考になるために心がけたいこと

最悪な結果ばかりを考えるのではなくうまくいくことを想像する

なにか新しいことにチャレンジするとき、どうしても失敗して最悪な結果になることを想像してしまうことってありますよね。しかしそういうことばかり考えてると、チャレンジすることもできなくなり結局なにもせずに終わってしまったということに。
たしかにこうすることで最悪な事態になることは防げたものの、のちのち後悔することもあるはず。そこで、新しいことをやってみるときには最悪な結果ではなく、うまくいったときのことを想像して取りかかるようにしてみましょう。

小さいことを考え込む時間を作らないこと

なにもやることがない暇時間ができると、忘れていたような小さなことをもんもんと悩み始めてしまうことってありませんか? 「あの時ああしていれば」なんて変えることのできない過去について悩み過ぎで気分が悪くなったりしてしまうのです。
そんな時間を作らないためにも、空いた時間にやりたいことリストをいつも持っていることが大切。ネガティブ思考になる隙を自分に与えないようにしましょう。

落ち込みそうになったら過去に自分の成し遂げてきたことを振り返る

仕事で失敗してしまったりして気分が落ち込んでいるときには、過去に自分の成し遂げてきたことを振り返るようにしましょう。時には過去の栄光にすがることだって大切。
それにその栄光はまぎれもない事実なのですから!「わたしはすごいんだから」と自分自身に言い聞かせ、ポジティブ思考へと持っていきましょう。

否定的な言葉を使わないようにする

「できない」「やるべきじゃない」などなど、誰かに対してそういった言葉を放つこともあれば、あなた自身に対してそういった否定的な言葉を使うこともあるでしょう。いつもそういった否定的な言葉が浮かんでしまう人は強制的にそれらを肯定的な文章へと変えて考えるようにしてみてください。
小さなことですが、それを実行することであなたの行動が変わります。

失うものよりも得るものに目を向ける

失恋をしたり、転職を考えるときには不安からどうしても失っていくものの方に目が行きがちです。でも私たちの人生ってなにかを失うと必ず得るものがあります。
そんな新しくあなたの人生にやって来るものに対して、目を向けるようにして、悪いことがあったときには「きっといいことがやってくるはず!」とポジティブに考えるようにするのです。