愛称命名式には、「くまのパディントン」がおなじみの青いダッフルコート姿で登場した(Photo by Jack Boskett/GWR)

高速車両に愛称「くまのパディントン」と命名――。英国ロンドンから西に延びる鉄道を運営するグレートウェスタン鉄道(GWR)はこのほど、新たに投入されたインターシティ・エクスプレス・トレイン(IET)の1編成に、童話『くまのパディントン』の舞台であることから、こんな愛称をつけた。

もう片方の先端部には、同作品の作者であるマイケル・ボンド氏の名が刻まれている。

童話の主人公が鉄道車両の愛称となるのは、イギリスでも異例だ。しかも、パディントンの姿と足型のイラストがそれぞれ愛称の横に描かれている。今後、世界中のパディントンファンたちの注目を浴びることは間違いないだろう。

ペルーからやって来た「くま」

『くまのパディントン』は、「暗黒の地ペルー」から密航者としてオスの熊一頭がパディントン駅へたどり着くところから物語が始まる。


5両目の先端には足形とともに“Paddington Bear”の文字が刻まれた(Photo by Jack Boskett/GWR)

駅の遺失物取扱所の郵便袋の陰でちょこんと座っていたところを、その後居候することになるブラウンさん一家が発見。その時、オス熊は「このくまをよろしくお願いします」という札を下げていた……。

これが最初の経緯だが、そもそものモチーフは作者のボンド氏が1956年のクリスマス・イブに妻へのプレゼントとして買った熊のぬいぐるみがモチーフとなっている。当時、ボンド夫妻がパディントン駅近くに居住していたことからそのぬいぐるみにパディントンと名付けたことが物語を作る契機になった、とされている。

日本の鉄道界では特急列車に愛称をつけて、その列車の行き先やサービスを区別している。また、私鉄特急では列車名と車両愛称が同じといった事例もある。

一方、イギリスを含む欧州諸国では列車の愛称がどのような形で使われているのだろうか。たとえば、かつての「オリエントエクスプレス」のように、日本と同様、ある種の優等列車に愛称をつけたものがある。

ただ、欧州に高速列車が縦横に走り回っているいま、愛称を持つものは国を越えて走る一部の長距離客車列車など、少数となっている。


命名式に臨んだ作者の実娘、カレン・ジャンケル女史(右側、Photo by Patricia Brown)

では、今回命名された愛称「パディントンベアー」はどのような仕組みで使われるのだろうか。たとえば、ロンドン―カーディフ間を走る列車はすべて、日本の特急のように同じ愛称で呼ばれる……とイメージしたらそれは間違いだ。この名前は数ある新型高速車両の1編成のうち、先頭車両につけられたもので、列車の種別などを示すものとは異なる。

こうした「車両に名前をつける」という手法は、英国では史上最古のSLができたときからのいわば「伝統」でもある。古い時代のSLは「ロコモーション号」や「ロケット号」などと呼ばれている。現在命名される愛称は主に、その鉄道に貢献した人名が使われることが多く、なんと一部の通勤列車の編成にもそんな人名の愛称が刻まれた金属製のがっちりとした銘板が取り付けられていることがある。

アガサ・クリスティも候補に

GWRでは、昨年秋に営業運転を開始したIETの編成に対し、すでにいくつかの愛称をつけている。

最初につけられた愛称は“イザムバード・キングダム・ブルネル”だ。ブルネルはGWRの施設や車両を設計した技術者で、19世紀の土木工事の第一人者。現在でも同氏の偉業による建築物が数多く現役で使われている。同編成の最後部にはGWR初代技師長の“ダニエル・グーチ卿”の名が刻まれている。

IETには、現女王の名前“エリザベス2世”と記された編成もある。命名の際には、女王自ら車両に乗ってパディントン駅までお出まし。「IETの最初の乗客」にもなった。同編成の最後部には“ビクトリア女王"とも記されている。このように、IETの車両にはいずれも「ビッグネーム」が刻まれている。

GWRではこの先、順次営業運転に投入される車両への愛称について、候補の人名100の中から選ぶという。これらの名前はいずれもロンドンから西に延びるGWR沿線に縁がある人々のものだという。候補に含まれている有名人として、現地の新聞が真っ先にあげたのは推理小説作家のアガサ・クリスティだ。「オリエント急行の殺人」で知られるアガサはGWRの沿線であるイングランド西部・デボン州の出身である。

『くまのパディントン』の著者である故マイケル・ボンド氏は昨年6月、91歳で亡くなっている。

ボンド氏の実娘であるカレン・ジャンケル女史は、命名式の席で「父はすでに私たちと一緒にはおりませんが、こういった形で父とパディントンの名前が刻まれるのは家族にとって大変うれしいこと」と喜びを示した。

命名式では、ボンド氏の名が刻まれた車両先頭部のお披露目に引き続き、「パディントン」の好物である、オレンジマーマレードがたっぷりつけられたサンドウィッチが参列者に振る舞われた。ちなみにボンド氏死去の際は、ファンらがパディントン駅1番線にある「くまの銅像」を訪れ、献花とともに多数のオレンジマーマレードの瓶が供えられたほどだ。

ドアにもパディントンの絵が


ドアに描かれたパディントンのイラスト、ドアによって絵柄が異なる(Photo by Patricia Brown)

全世界的にファンがいる「くまのパディントン」の名を冠した列車を走らせるに当たり、GWRは先頭・最後尾の車両に名前を入れただけでなく、各ドアに「くまのパディントン」のイラストを施した。広く知られた「青いコートを羽織って、帽子をかぶるパディントン」が描かれているかと思えば、黒のコンテで描かれた原画を貼り付けたドアもあり、バラエティのあるイラストはファンならずとも存分に興味をそそるだろう。

せっかくこれほどまでに「パディントンづくし」の車両なら、車内にも一工夫してほしいものだ。たとえば、車内限定でGWR制服を着たパディントンのぬいぐるみでもあったら、ファンの間でコレクターアイテムとなることは必至だろう。ただし、何でもビジネスに結び付ける日本とは違い、今回のイラストを見てもわかるようにパディントンで一儲けしようというムードは感じられない。気づいた人だけがニヤリと笑う。これが英国人気質かもしれない。