平昌五輪への北朝鮮参加を巡る会議の模様=(聯合ニュース)

写真拡大

【ローザンヌ聯合ニュース】国際オリンピック委員会(IOC)は20日、韓国、北朝鮮の国内オリンピック委員会、大会組織委員会との4者会談をスイス・ローザンヌのIOC本部で開き、平昌五輪への北朝鮮選手団の参加規模を確定した。

 IOCのバッハ会長によると、北朝鮮選手は3種目に22人が参加する。役員24人を含めば、選手団の規模は46人となる。