飲みすぎたデートの翌日も快調! 二日酔いとサヨナラする方法

写真拡大

お酒が好きな彼とのデートは楽しくてついつい飲みすぎてしまう、という人も多いのではないでしょうか。
今回は、デートや飲み会の翌日になりがちな「二日酔い」の不調とサヨナラする方法を解説します。

二日酔いの症状と原因を知ろう


まず、二日酔いにはどのような症状・原因があるのか概観しておきましょう。
二日酔いの症状‥任気
胃酸過多・消化不良・脱水症状など様々な原因により吐き気を感じることがあります。なぜアルコールによって脱水症状になるかというと、アルコールには利尿作用があるからです。アルコールによって利尿作用が促進され、飲酒している以上の水分が体外に排出されることにより脱水状態になってしまうのです。
二日酔いの症状頭痛
血のなかにアルコールが混ざり、血管が拡張することによって頭痛が発生します。
二日酔いの症状6擦笋
アルコールが胃の粘膜を刺激し、胃酸の分泌が促すことによって胸やけがおこります。
二日酔いの症状い里匹粒蕕
アルコールの分解には水分が必要なため、飲酒した翌日はのどの渇きを感じがちです。

デートの前に知っておきたい二日酔いの予防方法5つ


次に、知っておくと役に立つ二日酔いの予防方法を5つご紹介します。
二日酔いの予防方法^貊錣某紊魄む
のどの渇きや吐き気の原因となる脱水症状をおこさないように、水分を積極的に摂取しましょう。アルコールと一緒に水を摂取することで「アルコールが薄くなり、吸収を和らげることができる」という効果が得られます。
摂取する水分は、水でもけっこうですが、できれば緑茶をおすすめします。緑茶に含まれるカテキンは、アルコールの吸収を妨げる役割があります。ただし、抹茶や玉露にはカテキンは含まれていないので注意が必要です。
二日酔いの予防方法飲酒するまえに前に食べ物を胃に入れる
二日酔いを予防するためには、「アルコールの吸収を和らげる」必要があります。ですから、飲酒前には、ある程度胃に食べ物を入れておく必要があります。胃に入れておくべき食べ物は、「脂肪分を含んだ食べ物」が望ましいでしょう。消化に時間がかかる脂肪分を含んだ食べ物を先に胃に流し込んでおくことによって、アルコールが胃で吸収される速度を遅らせることができるのです。
★飲酒前に食べたい食べ物の例★

乳製品
アーモンド
チーズ
ココナッツ
マーガリン
上記のような脂肪分を含み、消化に時間がかかる食べ物をアルコール前に摂取しておきましょう。
二日酔いの予防方法お腹を温める
二日酔いを防ぐために、肝機能を高めておくことが効果的です。飲酒しているとき、または飲んだあとの消化している時間に、カイロを貼るなどして肝臓のあたりを温めましょう。肝機能が高まり、二日酔い予防になります。
二日酔いの予防方法ぅ汽廛螢瓮鵐箸魄む
ウコンを含んだサプリメントなどを飲んでおくことで、胆汁の分泌を促し代謝機能を高めることができます。「今日はいっぱいお酒を飲むことになりそうだ」という人は、事前にサプリメントを飲んでおきましょう。
二日酔いの予防方法イ風呂の温度設定はぬるめにする
飲みすぎた日は、ぬるめのお湯につかりましょう。熱いお湯につかっていると、発汗が促され脱水症状を引き起こしてしまい、二日酔いに拍車をかけてしまいます。なるべくぬるめのお湯を使用して、脱水が起こらないようにしましょう。

さいごに


今回は、二日酔いにならないための対策をご紹介しました。「週末は飲みすぎてしまう」「デートの翌日はいつも頭が痛い」というお酒好きな方は、ぜひ二日酔い予防対策をためしてみてください。
今来 今/ライター