ユナイテッドMFキャリック、今季で現役引退&スタッフ入閣!? 指揮官もオファー認める

写真拡大

不整脈と診断も手術で完治、36歳MFにユナイテッドのスタッフ入閣の可能性浮上

 マンチェスター・ユナイテッドの元イングランド代表MFマイケル・キャリックが今季限りで現役引退し、ユナイテッドのコーチングスタッフとして入閣する可能性が高まっている。

 衛星放送「スカイ・スポーツ」が報じた。

 36歳のベテランMFは昨年不整脈と診断されたが手術で完治。すでにチームの練習に合流している。キャリックの入閣について質問を受けたジョゼ・モウリーニョ監督は、「彼が希望した時にイエスとなる」と、すでにオファーを出していることを明らかにした。

「数カ月間練習に合流できなかったが、これでチームに合流してから2週間になる。彼は我々にとって重要な選手だ。決断は今季終了時になされるだろう。今週じゃない。チームと彼にとって良い決断になるだろう。怪我などの問題もなくなるわけだからね」

 2006年にトットナムからユナイテッドに加入したプレーメーカーはプレミアリーグ優勝5回、UEFAチャンピオンズリーグ優勝1回と赤い悪魔の黄金時代を知る唯一の存在となっている。

 イングランド代表34試合出場を誇るベテランは、練習に復帰したとはいえコンディション面に一抹の不安を抱えている。チームメートからの信頼も厚いキャリックの入閣を、モウリーニョ監督は心待ちにしているようだ。

フットボールゾーンウェブ編集部●文 text by Football ZONE web

ゲッティイメージズ●写真 photo by Getty Images