今夜はMAX!? 【マカ入り】夜のペヤングが登場!

写真拡大 (全2枚)

1975年に発売されて以来、数多くの人に愛され続けているカップ焼きそばといえば、まるか食品の「ペヤングソースやきそば」ですよね。昔から馴染みのある安定したおいしさがある半面、最近ではちょっと変わり種を発売することでも有名…。

ピリ辛でカラダが温まる?夜のペヤングとは

ペヤングの変わり種商品といえば、「パクチーMAX」、「酸辣MAX」、「もっともっと激辛MAX」、「背脂MAX」、「チョコレート」、「納豆」、「ペペロンチーノ」など、数多くの種類があります。

そんななかで、1月15日より販売が開始されたのが、「夜のペヤングやきそば 夜食ver.」(税別175円)。公式ウェブサイトによると“勉強・仕事・家事など夜に頑張りたい方に向けたマカ入りのやきそばです。体が温かくなるようなピリ辛の味付けが特徴です。”とのこと。

ネット上を見てみると、すでに「意味深」、「夜活がんばる」、「怪しい」など、大盛り上がりの様子。これはちょっと気になる!

というのも、実は筆者は根っからのペヤング好き。ノーマルはもちろん、前述の変わり種もひと通り試しているので、今回のも食べてみることにしました。

ノーマルペヤングとは具材も違う

最寄りのコンビニに行き、商品を購入。お湯を注いで3分待ち…完成!

まず気づくことは、かやくの具材がノーマルペヤングとは異なること。夜のペヤングには、ニンジンときくらげが入っており、ノーマルペヤングに入っている肉(?)は、入っていませんでした。

実際に食べてみると、たしかに辛め。「もっともっと激辛MAX」のような異常とも思えるほどの辛さはなく、辛いものが苦手な筆者でも食べられる程度。とはいえ、完食するころには、汗をかくくらいの辛さはあるので、辛いものがまったく食べられない人は控えたほうが無難でしょう。

たしかに食べてみると、カラダが温かくなって暖房を切るほどでした。これがマカの効果なのかしら…?

大人なら「今夜はがんばりたい!」というときがあるはず。そんな日のために、常備しておくのもアリかもしれません。

(文・山手チカコ/考務店)