全豪オープンテニス、男子シングルス3回戦。勝利を喜ぶチョン・ヒョン(2018年1月20日撮影)。(c)AFP=時事/AFPBB News

写真拡大

【AFP=時事】全豪オープンテニス(Australian Open Tennis Tournament 2018)は20日、男子シングルス3回戦が行われ、チョン・ヒョン(Hyeon Chung、韓国)が5-7、7-6(7-3)、2-6、6-3、6-0で大会第4シードのアレクサンダー・ズベレフ(Alexander Zverev、ドイツ)を下し、韓国人男子選手として大会初の16強入りを果たした。

 世界ランク58位のチョンは最終セットでズベレフを圧倒し、3時間22分の戦いで勝利を収めた。

 4回戦でチョンは、第14シードのノバク・ジョコビッチ(Novak Djokovic、セルビア)と第21シードのアルベルト・ラモス・ビノラス(Albert Ramos-Vinolas、スペイン)の勝者と対戦する。
【翻訳編集】AFPBB News