大坂なおみが自身初のGSベスト16進出!格上の世界ランク17位に勝利[全豪オープン]

写真拡大

「全豪オープン」(オーストラリア・メルボルン/本戦1月15〜28日/ハードコート)の6日目となった1月20日、大坂なおみ(日本/日清食品)は3回戦でアシュリー・バーティ(オーストラリア)と対戦。6-4、6-2でストレートで勝利し、自身初となるグランドスラムベスト16進出を決めた。

第2セットも大坂は、バーティに対して、優位を譲らずにゲームを運んだ。第1ゲームで、バーティがサービスをキープしきれずに、大坂にブレークを許した。大坂は、1セット目取得の流れに乗った。

3ゲーム目でも、大坂は勢いづく。バーティは最初のポイントで、大坂の深いリターンを返球しきれずにネット。大坂は逆にストローク戦でポイントを重ねたほか、バーティの強打をなんとか返球してポイントして、再びブレークした。

大坂は、バーティにとって対処仕切れていなかったデュースサイドでのワイドサーブを有効に使いサービスをキープ。2セット目ここまで大坂は4ゲームを連取した格好だった。

その後、バーティは、サービスゲームのキープこそしたものの、大坂は自身のサービスゲームで、サービスウィナーとエースを連発するなど、2ブレークアップのリードを失わずに、勝ち星を手にした。

大坂は次の4回戦で世界ランキング1位のシモナ・ハレプ(ルーマニア)と対戦する予定だ。

(テニスデイリー編集部)

※写真は「全豪オープン」大会6日目のバーティ戦でプレーする大坂なおみ
(Photo by Mark Kolbe/Getty Images)