ARの技術で、スクリーンにはモンスターと、武器を持った自分の姿が。モンスターに向かって武器で攻撃しよう/(C)CAPCOM CO., LTD. ALL RIGHTS RESERVED.、TM & (C) Universal Studios. All rights reserved.

写真拡大

1月19日からスタートした「ユニバーサル・クールジャパン 2018」では、今年も「モンスターハンター・ザ・リアル」が登場。今回はウォークスルー型アトラクションで、リアルなモンハンの世界を体感だ!

【写真を見る】アトラクションはハリウッド・エリアのステージ18で開催。「名探偵コナン・ザ・エスケープ ゼロの序曲」の隣だ/(C)CAPCOM CO., LTD. ALL RIGHTS RESERVED.、TM & (C) Universal Studios. All rights reserved.

■ 新大陸の調査でモンスターと対峙する

今回の舞台は、生態を調査すべく上陸した新大陸。ゲストは第5調査団として、新種の個体の生態調査をするのだが、入口では新開発の武器を手に、奥へと進んでいく。手にした武器は、ポーズによって異なる4つの形になるので、調査に向かうときには、どの武器を使うのか、選んでおこう。先輩ハンターに誘導され、仲間と共に進んで行くと、目の前にモンスターが! さぁ、闘え!! ただし間違ってはいけない、今回はモンスターを“狩る”のではなく、あくまで生態調査が目的。先輩ハンターの指示に従ってモンスターと対峙するのだ。

ここで大きなお楽しみが一つ。対峙している際に、じつはじゃんじゃん写真を撮られている。その写真はプリントされて出口で購入するだけかと思いきや、今回はなんと、生態調査用紙に記載されている専用QRコードにアクセスすれば、自分がモンスターと退治しているシーンの画像がダウンロードできるのだ。ということは、対峙シーンでのポージングも重要。体験する際は、ポーズの練習が必要かも?

■イベントDATA/「ユニバーサル・クールジャパン 2018」開催中〜6月24日(日)。営業時間は日によって異なる(関西ウォーカー・関西ウォーカー編集部/glass(橋本 勲))