会見する趙長官=(聯合ニュース)

写真拡大

【ソウル聯合ニュース】韓国統一部の趙明均(チョ・ミョンギュン)長官は20日、「きょう午前11時20分ごろ、板門店の連絡チャンネルを通じ、北に芸術団の視察団の派遣を取りやめた理由を通知するよう求めた」と述べた。

 北朝鮮は平昌冬季五輪に合わせ「芸術団」を派遣するのに先立ち、20日から公演会場などを確認するための視察団を韓国に送ると通知していたが、19日夜になって急きょ、取りやめると韓国側に通告した。

 趙長官はまた、「視察団の訪韓に対する(韓国側の)準備ができているだけに、南北が再び日程を調整して履行していきたい」との立場を北朝鮮に伝えたという。