好位置で第2ラウンドを終えた石川遼(写真は2日目)(撮影:村上航)

写真拡大

<SMBCシンガポールオープン 3日目◇20日◇セントーサゴルフクラブ セラポンコース(7,398ヤード・パー71)>
連日のサスペンデッドにより、スケジュールが大幅に遅れている国内男子ツアー開幕戦の「SMBCシンガポールオープン」3日目。9ホール目の2打目から競技を再開した石川遼がホールアウト。トータル7アンダーまで伸ばし、首位タイに浮上した。
<動画>SMBCシンガポールオープン2日目 日本人選手ハイライト
石川は再開ホールとなった9番でバーディを奪うと、折り返してからも10番、14番、17番と着実にスコアを伸ばして、すでにホールアウトしているチャプチャイ・ニラト(タイ)、プレー中のジョティ・ランダワ(インド)とトップで並んでいる。
そのほか、同組のマスターズ覇者セルヒオ・ガルシア(スペイン)はトータル6アンダーで首位と1打差の4位タイにつけている。
<ゴルフ情報ALBA.Net>

【石川遼・復活優勝へ】宮崎で取り戻した自信の裏にレジェンドの言葉あり
石川遼、スイング改造の参考にしたのはあの名選手
ケガの功名で兆しが見えた!8ホールで4バーディの石川遼は暫定22位タイ
キャロウェイ移籍初戦のガルシア、ほぼ全て2018年モデルを使用。決断は正しかった!?
【WITB】DJに続き、ラームも爆発。『M4』砲コンビ、恐るべし…