画像提供:マイナビニュース

写真拡大

リード エグジビション ジャパンは1月25日〜27日の3日間、投資商品が集まる「第1回 資産運用EXPO」を東京ビッグサイトにて開催する。

○投資商品の総合展に120社が出展

「資産運用EXPO」は、不動産、株式、投信、仮想通貨、金などのあらゆる投資商品が集まる資産運用の総合展で、不動産会社や証券会社、投信会社、ほん貴金属会社、上場企業の広報・経営企画部(IR)などを扱う120社が出展

するという。

同イベントは、「金融資産」「現物資産」「不動産投資」「IR」の4つのフェアで構成され、「金融資産フェア」には、投資信託、ETF、REIT、FX、年金保険、仮想通貨などが集まり、投資商品の選定や相続・投資方針などの相談はもちろん、口座開設先の検討もできる。「現物資産フェア」では、金・プラチナ、宝石などが集結。「不動産投資フェア」には、賃貸住宅、オフィスビル、商業施設、物流施設、リゾート、 駐車場などの投資物件が出品され、物件の選定や土地活用の相談、管理・メンテナンス依頼などが行われるほか、太陽光発電 や風力発電など、近年話題の発電施設物件も並ぶ予定だ。そして、「IRフェア(投資家向け 企業説明フェア)」には上場企業が出展する。

開催期間は1月25日〜27日、東京ビッグサイトで開催される。入場料は、事前に招待券を入手すると無料となるが、招待券がない場合は当日入場料として5,000円がかかる。招待券の申込みは、こちらから。

○70本の資産運用セミナーも開催

また、同イベントでは、著名講師による70本の資産運用セミナーも併催される。少額投資や不動産投資のコツ、話題のビットコインや市場動向など、投資初心者向けから上級者向けまで幅広いテーマやジャンルのセッションで学ぶことができるという。

受講料は無料だが、事前の申し込みが必要で、定員になり次第締め切りとなる。セミナーの申込み、詳細はこちらから。