松屋銀座は“チョコ部屋”を設けSNSでの波及効果を狙う

写真拡大

 バレンタインまであと1カ月―。チョコレートなどの「自分向け」需要も取り込み、早くも関連商戦が盛り上がりを見せている。会員制交流サイト(SNS)を意識し見栄えを工夫した商品が目立つ。仮想現実(VR)や拡張現実(AR)も取り入れ、新しい購入体験を訴求するケースも増えている。

 セブン&アイ・ホールディングスは通販サイト「オムニ7」内で2月6日まで開設しているバレンタイン向けの特設サイトに、VRを導入した。店舗での買い物のような臨場感を味わいつつ、約700種類の商品から選ぶことができる。

 エスキュービズム(東京都港区)の技術を用いた。同社はゴーグルなどを使わずにスマートフォンなどで見られるVRと電子商取引(EC)を組み合わせたサイト構築を手がけている。

 松屋は旗艦店の松屋銀座(東京都中央区)で31日に開く特設会場に、チョコレートを模した“チョコ部屋”を設ける。ARアプリをかざすと、ハートで飾った写真を撮ることも可能だ。特設会場以外のフロアにも撮影スポットを設け、SNSでの波及を狙う。

 バレンタイン期間は同店の年間のチョコ売上高の4割を占める商戦期だ。同期間のチョコの売上高は過去3年間増えている。カカオ産地の大使館やチョコの職人のトークショーも開き、売り場を盛り上げる。2017年のクリスマスケーキの売上高は前年比2割増となるなど、イベントへの消費は拡大傾向だという。

 そごう・西武の旗艦店である西武池袋本店(東京都豊島区)では20日から、バレンタイン向け商品を集めた催事場「チョコレートパラダイス」を開く。毎年開いている同催事の売上高は約10年間で、4倍に増えている。

 2月7日からの1週間は高級ブランド品のフロアに、都内ホテルのオリジナルチョコを集めた売り場も設ける。担当者は「チョコのイメージに合わせた売り場にする」と話す。

 高島屋は10代の女性ボーカルグループ「リトル・グリー・モンスター」を起用。同グループの曲や映像を催事場で流し、若年層の来店を促す考えだ。

(文=江上佑美子)