【1月19日まとめ】ナダル、ディミトロフ、キリオスがベスト16に進出。女子テニス15歳の新鋭コスチュクは敗退 [全豪オープン]

写真拡大

テニスのグランドスラム「全豪オープン」(オーストラリア・メルボルン/本戦1月15〜28日/ハードコート)の5日目、男子女子ともにシングルス3回戦、ダブルス2回戦が行われた。

男子シングルスは、2回戦で杉田祐一(日本/三菱電機)と対戦したイボ・カルロビッチ(クロアチア)が、アンドレアス・セッピ(イタリア)と対戦。フルセットの激戦を制したのはセッピで、2大会連続でベスト16となった。ラファエル・ナダル(スペイン)はダミアー・ジュムホール(ボスニア・ヘルツェゴビナ)と対戦し1時間50分で快勝している。ジョーウィルフリード・ツォンガ(フランス)は地元ニック・キリオス(オーストラリア)と対戦し、キリオスが激戦を制し4回戦へ駒を進めた。

女子シングルスは、15歳の新鋭マルタ・コスチュク(ウクライナ)に注目が集まったが、同国対決はエリナ・スビトリーナ(ウクライナ)に軍配、4回戦進出を決めた。好調さを見せているカロライン・ウォズニアッキ(デンマーク)はストレート勝ちを収め、エレナ・オスタペンコ(ラトビア)はフルセットの末、3回戦敗退となった。

男子ダブルスでは、マクラクラン勉(日本)/ヤン レナード・ストルフ(ドイツ)のペアが順調に勝ち進み、3回戦進出を果たした。

女子ダブルスは、日本女子ダブルスの注目組、穂積絵莉(日本/橋本総業ホールディングス)/加藤未唯(日本/佐川印刷)がベスト8へと挑んだが、残念ながらラクウェル・アタオ(アメリカ)/アンナ レナ・グロエネフェルト(ドイツ)のベテラン勢に屈した。

◇   ◇   ◇

【1月19日 主な試合結果】

◆男子シングルス3回戦

○グリゴール・ディミトロフ(ブルガリア)6-3、4-6、6-4、6-4 ●アンドレイ・ルブレフ(ロシア)

○アンドレアス・セッピ(イタリア)6-3、7-6(4)、6(3)-7、6(5)-7、9-7 ●イボ・カルロビッチ(クロアチア)

○パブロ・カレーニョ ブスタ(スペイン)7-6(4)、4-6、7-5、7-5 ●ジル・ミュラー(ルクセンブルク)

○ニック・キリオス(オーストラリア)7-6(5)、4-6、7(8)-6(6)、7-6(5) ●ジョーウィルフリード・ツォンガ(フランス)

○ラファエル・ナダル(スペイン)6-1、6-3、6-1 ●ダミアー・ジュムホール(ボスニア・ヘルツェゴビナ)

○マリン・チリッチ(クロアチア)7-6(4)、6-3、7-6(4) ●ライアン・ハリソン(アメリカ)

◆女子シングルス3回戦

○ペトラ・マルティッチ(クロアチア)6-3、3-6、7-5 ●ルクシカ・クンクン(タイ)

○エリナ・スビトリーナ(ウクライナ)6-2、6-2 ●マルタ・コスチュク(ウクライナ)

○カロライン・ウォズニアッキ(デンマーク)6-4、6-3 ●キキ・バーテンズ(オランダ)対

○アネット・コンタベイト(エストニア)6-3、1-6、6-3 ●エレナ・オスタペンコ(ラトビア)

◆男子ダブルス2回戦

○ボブ・ブライアン(アメリカ)/マイク・ブライアン(アメリカ)6(5)-7、6-4、6-4 ●マックス・ミルニー(ベラルーシ)/フィリップ・オズバルド(オーストリア)

○マクラクラン勉(日本)/ヤン レナード・ストルフ(ドイツ)4-6、6-3、6-2 ●フェリシアーノ・ロペス(スペイン)/マルク・ロペス(スペイン)

◆女子ダブルス2回戦

○ラクウェル・アタオ(アメリカ)/アンナ レナ・グロエネフェルト(ドイツ)6-1、6-1 ●穂積絵莉(日本/橋本総業ホールディングス)/加藤未唯(日本/佐川印刷)

(テニスデイリー編集部)

※写真はツォンガと激戦を制し4回戦へ進んだ地元キリオス(「リヨン・オープン」のときのもの)
(Photo by Julian Finney/Getty Images)