画像提供:マイナビニュース

写真拡大

グラビアアイドルで歌手の篠崎愛が、17日に放送された日本テレビ系バラエティ番組『ナカイの窓』(毎週水曜23:59〜)にゲスト出演。グラビアでの写真修正について語った。

篠崎愛

今回、「グラビアレジェンドSP」と題して、インリン、かとうれいこ、篠崎愛、細川ふみえ、山田まりやが出演。篠崎は、Gカップの豊満なバストについて「私の場合は遺伝。お母さんが大きいので。小学生くらいからみんなよりは大きくて」と話し、「揺れてることが恥ずかしいから、マラソンとかも(胸を)押さえながら走ったり」と昔はコンプレックスに感じていたと打ち明けた。

番組では、グラビアの写真修正の話題に。山田が「私からあとが水着が違うし、紙の質も変わりました。DVDが出てきたり。お腹の線を消すのに200万円とか言われて怒られたり、今なんかパソコンでちょちょいですよ」と時代による変化を語る中で写真修正に言及し、かとうも「私たちの時代は修正なしですもん」と振り返った。

篠崎は「『この辺ケガしているので消しておいてください』とか全然言えますね」と今の時代は簡単に修正をお願いできると告白。また、「私は横乳が出過ぎで逆に消してもらったりとか。下品な出方してるねって時とか」と明かすと、MCの中居正広とゲストMCのバカリズムは「横乳って言うんだ」「出過ぎて消すんですか」と驚いていた。