りゅうちぇる世代の 2018年入社1年目は 「○○」で即戦力化! 「9code」式・新人の育て方

写真拡大

99%の人間関係は『9code(ナインコード)』で解決できる!
経営コンサルタントである著者が、歴史上の偉人から有名タレント、経営者まで、世界最古の『易経』をベースに、運命学、帝王学などを交え、1万人のサンプリングを体系化。「水の一白」「大地の二黒」「雷の三碧」「風の四緑」「ガイアの五黄」「天の六白」「湖の七赤」「山の八白」「火の九紫」など、歴史上の偉人から有名人まで、人間は9タイプしかいない。「本当の自分」がわかり「人間関係」の悩みが解消するという『“強運を呼ぶ”9code(ナインコード)占い』が発売たちまち第4刷となった。
『9code(ナインコード)』とは一体どんなものか?2034年までの幸運バイオリズムが一目でわかるという著者にこっそり語ってもらった(文中敬称略)。

「9code」の活用で
新人の職場離れを食い止めろ

「今年の新入社員はどんな人だろう……」
「どうやって育ていこう……」
「気の合う人だったらいいな……」

 桜が舞う春になると、経営者だけでなく、社員もどこか気になるのが新入社員の人柄ではないでしょうか。

 新人の教育担当や直属の上司、先輩なら、人一倍気になるところでしょう。
 近年では、新人の離職率も高いというデータも多いので、新人育成はどの企業でも重要なものです。
 新人は未来の会社にとっての「宝」ですから。

 ところで、なぜ、新人の離職率がこんなにも高いと思いますか?

 厚生労働省によると、現在、新卒3年目までの離職率は「25〜35%」で推移しています。これは「4人に1人〜3人に1人」が会社を辞めているということです。
 就活戦線に勝ち残り、せっかく苦労して入社したのに、彼らはどうしてこんなにも早く辞めてしまうのでしょうか?

 その答えの多くは「人間関係」と「現実と理想のギャップ」です。
 企業は様々な改善案を取り入れていますが、それでも、新卒の離職者は減ってはいません。
 こういう状況がずっと続くのでしょうか?

 いや、そんなことはありません。
 この問題も、「9code」(ナインコード)を活用すれば、その突破口を開くことができます。

 離職率問題を解決する本質は「新入社員の気質を解剖し、理解すること」にあります。

 今回は、その方法を、じっくりとお伝えしましょう。
 これさえ知っていれば、あなたの会社の新人は即戦力の期待のルーキーへと変貌を遂げるかもしれません。

続きはこちら(ダイヤモンド・オンラインへの会員登録が必要な場合があります)